Markdown に関する投稿を表示しています

Go 言語の練習に markdown のテーブルだけいい感じに調整するやつを作ってみた

作ったよ

sters/markdown-table-formatter: markdown-table-formatter

|hoge            |huga|
|--------------|------|
|its|confusing              |markdown|
|table   |so|crazy|table|.|

みたいなガタガタテーブルが書かれているテキストをキレイに揃えてくれるやつ。

|hoge |huga     |        |     | |
|-----|---------|--------|-----|-|
|its  |confusing|markdown|     | |
|table|so       |crazy   |table|.|

 

何も考えずにこんな要素が必要では?とテストを書いていって、それに合わせて実装をしていったので、同じことを何度もやっているような部分もあって、
アーキテクチャ的には再考の余地あり。

struct に中間データ的なものを閉じ込めてバケツリレーするのが簡単かなあ。
テストがいるので、ここからリファクタしがいありますね、って感じで。

 

書いてみて、ポインタとかまったく気にしなくて良いってことがわかってきた。
出番はほぼないのと、あっても波線出たときにどうにかする、ということだけを、とりあえず、それでよさそう。

リリースの配布

タグを設定すると Circle CI が動いてリリースが作られるようにしてみた。
(go get に必要なのかな?と思ったけどそういうわけではなかったみたい)

goreleaser を使ったリリースというタスクを作って、ワークフローで制御している。

goreleaser/goreleaser: Deliver Go binaries as fast and easily as possible

設定はここみて。

markdown-table-formatter/config.yml at master · sters/markdown-table-formatter

詰まったポイント

テスト時の assert を見やすくするために gopwt を使ってみたんですが、-cover したときにカバレッジが出なくなる問題があり、そこで無駄に詰まった。
gopwt のソースを調査するのはまたの機会にして、カバレッジ測定では gopwt を無効にした。

markdown-table-formatter/Makefile at master · sters/markdown-table-formatter

あと go get したときにそのままバイナリができる方法がわからなかった。ググってもそれっぽい回答が見つからない。。公式ドキュメントのどこかにいるのかなあ…

わからなかったので、リリースを作ってみたが違った ./main.go にして見たらバイナリが作られるようになった。
ディレクトリ切るとだめなんかな。いや、./formatter.go がいたからダメだったのかな、、
ドキュメントどこーー

そのほか

カバレッジ出ると楽しい。
100%にするのが完璧なテストというわけではないけど、そもそもココのテストできてなくね?とかが可視化されるの便利。