GMail に関する投稿を表示しています

Google App Script で Gmail の掃除をする

久しぶりに Google App Script を見たらものすごいアップデートされているような気がする。

こんな管理画面的なものあったっけ…。。
自分のプロジェクト - Apps Script

本題 Github からくる通知メールや、各種メルマガ、その他さまざまな通知系のメールが Gmail の受信箱の大半を圧迫しており、まともに見れなくなってしまった。
フィルタを設定したものの、すでに受信したメールを一括削除することが、どうにも Gmail 上からはうまく動いていないっぽい。

というわけで Google App Script を使って不要なメールをドカッと削除する。

こんな感じのお手軽な関数で十分。

function myFunction() {
  var query = 'label:xxx subject:yyy'; // ここに任意の検索クエリを書く
  while(true) {
    var threads = GmailApp.search(query, 0, 500);
    if (threads.length <= 0) {
      return
    }
    for (var i = 0; i < 5; i++) {
      GmailApp.moveThreadsToTrash(threads.slice(i*100, i*100 + 100));
    }
  }
}

API ドキュメントはここ。
Class GmailApp | Apps Script | Google Developers

初回だけ手動で実行し Gmail に関する権限を取得する必要がある。

あとは自動トリガーに設定 2 時間に 1 回実行くらいで。もっと早い頻度で動かすこともできるのだが、早すぎると Gmail の API で制限に引っかかってしまう。気長にやるのがよさそう。
しばらく放置したのちに見るといらないメールがすべて消え去ってすっきり。

postfix で Gmail に送ると弾かれる件を解消する

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

某所から送信されるメールが GMail で弾かれてしまい、まったく送らていなかったのでその対応メモ…、メモというほどじゃない。エラー文言で調べたら一発だ。

が、メモってたエラー文言をなくしてしまったのと、サーバにもログがない(なんでやねん)ので実際にでてた文言はわからないけど、多分一緒やろ(震え)

Mail delivery to Gmail account fails: certificate verification failed for *.l.google.com – Plesk Help Center

ca-bundle.key を更新、設定したら良いっていってる。

// OpenSSL, ca-bundle.crt を更新する
$ sudo yum update openssl
..


// 設定値の追加
$ vi /etc/postfix/main.cf

smtp_tls_CAfile = /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt


// postfix の再読込
$ sudo service postfix reload

いじょ。