Github に関する投稿を表示しています

Dockerfile を Github で書いて Docker Hub へ自動で連携する

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

出来ると思うんだけど~~って言いながら、なかなかやってなかったのでいい加減やった。

Docker Hub にアカウント登録

Docker Hub

右上からサインアップ出来る。適当な ID とメールアドレス、パスワードを入力すると良い。メールで確認がやってくるので、リンクぽちー。

以上で終わり。

Github でリポジトリを作る

Github にリポジトリを作っていきます。

Github 上からファイルの追加が出来るので、手元の Dockerfile をアップする。当然ながらパブリックなリポジトリで扱うのであれば、社外秘です!みたいな内容を含まないように気をつけて。パスワードとか、脆弱性ある古いバージョン使ってるじゃんとか、鍵が載ってるよとか、うっかり事故気をつけようね。

というわけで出来ました。

sters/docker-php7-cakephp3-base: docker base image for php7 x cakephp3

Docker Hub で Automated Build の設定をする

Docker Hub 側で自動ビルドが出来ます(便利!)URL が提供されるので、正しいトークンを送るとビルドキューへ追加され、自動でビルド、イメージの提供がされ始めます。
というわけで連携を進めていきます。

この URL および トークンを Github の Webhook に追加します。

ちなみに Docker Hub に Webhook もありますが、これはビルドが終わったときにそのイベントを指定した URL に通知できるものです。でっかいイメージを扱いたい時とか、ビルドしたイメージがちゃんと使えるかテストしたいとか、そういうときに使えるんじゃないですかね。

Github で Webhook の設定

Docker Hub で取得できたトリガーの URL を Github の Webhook に設定します。

とりあえずは Push された時、でいいと思います。タグが付いたとき、にすると Docker Hub 側でタグごとのビルドがされていきます。バージョニングしていく上ではそうするほうがいいでしょうね~。

Docker Hub で確認

ビルドが動き始めました。しばらく待つと完了します。

何事もなければこれでイメージが利用できるようになります。

 $ docker run -it --rm sters/php7-cakephp3-base "/bin/sh"

// ここからゲスト側

/ # composer
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details
   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.5.2 2017-09-11 16:59:25

Usage:
  command [options] [arguments]

Options:
  -h, --help                     Display this help message
  -q, --quiet                    Do not output any message
  -V, --version                  Display this application version
      --ansi                     Force ANSI output
      --no-ansi                  Disable ANSI output
  -n, --no-interaction           Do not ask any interactive question
      --profile                  Display timing and memory usage information
      --no-plugins               Whether to disable plugins.
  -d, --working-dir=WORKING-DIR  If specified, use the given directory as working directory.
  -v|vv|vvv, --verbose           Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug

Available commands:
  about           Shows the short information about Composer.
  archive         Creates an archive of this composer package.
  browse          Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  clear-cache     Clears composer's internal package cache.
  clearcache      Clears composer's internal package cache.
  config          Sets config options.
  create-project  Creates new project from a package into given directory.
  depends         Shows which packages cause the given package to be installed.
  diagnose        Diagnoses the system to identify common errors.
  dump-autoload   Dumps the autoloader.
  dumpautoload    Dumps the autoloader.
  exec            Executes a vendored binary/script.
  global          Allows running commands in the global composer dir ($COMPOSER_HOME).
  help            Displays help for a command
  home            Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  info            Shows information about packages.
  init            Creates a basic composer.json file in current directory.
  install         Installs the project dependencies from the composer.lock file if present, or falls back on the composer.json.
  licenses        Shows information about licenses of dependencies.
  list            Lists commands
  outdated        Shows a list of installed packages that have updates available, including their latest version.
  prohibits       Shows which packages prevent the given package from being installed.
  remove          Removes a package from the require or require-dev.
  require         Adds required packages to your composer.json and installs them.
  run-script      Runs the scripts defined in composer.json.
  search          Searches for packages.
  self-update     Updates composer.phar to the latest version.
  selfupdate      Updates composer.phar to the latest version.
  show            Shows information about packages.
  status          Shows a list of locally modified packages.
  suggests        Shows package suggestions.
  update          Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  upgrade         Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  validate        Validates a composer.json and composer.lock.
  why             Shows which packages cause the given package to be installed.
  why-not         Shows which packages prevent the given package from being installed.

/ # php -v
PHP 7.1.10 (cli) (built: Sep 30 2017 01:01:44) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

/ # exit

おわり

基本的に Official なイメージを使うとおおよそ大丈夫だと思うけど、再ビルド必要です!とか拡張機能必要です!とか、そういう状況になったら都度やるのもアレなので、オレオレイメージを作ると便利ちゃん。

そういえば Docker Hub って Dcokerfile によって記述された Docker イメージを管理共有してくれているけど、 docker-compose.yml で記述されるコンテナ管理セットを共有する場ってあるのかな。ちょっと調べたけどクエリが悪いのか見つからず…。