gcloud に関する投稿を表示しています

gcloud ssh をいろんな Google Compute Engine インスタンスに向けるアレ

都合、ひとつの GCP プロジェクトにある多数の GCE に繋いだりする場合がある、かもしれない。
で、このインスタンス、増えたり減ったり変わったりして、毎回丁寧にエイリアスを組むのが厳しいので、シュッと選択出来るようなスクリプトを書いた。

このあたりが必要。

#!/bin/sh

__check_command() {
    which $1 > /dev/null
    if [ $? = 1 ]; then
        echo "$1: command not found"
        return 1
    fi
}

export gcloudssh_default_project=""

gcloudssh() {
    __check_command "gcloud"
    if [ $? = 1 ]; then
        return 1
    fi
    __check_command "peco"
    if [ $? = 1 ]; then
        return 1
    fi

    gcloud="gcloud --project \"$gcloudssh_default_project\""
    filter="peco"

    if [ $# = 1 ]; then
        opt="--filter=$1"
        filter="grep $1"
    fi

    echo 'Loading gcloud instances...'
    instance=$(eval "$gcloud compute instances list $opt" | grep -v NAME | eval "$filter" | sed -e 's/  */ /g')
    name=$(echo $instance | cut -d ' ' -f 1 | tr -d ' ')
    zone=$(echo $instance | cut -d ' ' -f 2 | tr -d ' ')

    if [ "$name" = "" ]; then
        echo "Stopped."
        return
    fi
    if [ "$zone" = "" ]; then
        echo "Stopped."
        return
    fi

    echo "Name=$name / Zone=$zone"
    echo "Connecting..."
    echo

    eval "$gcloud compute ssh --zone $zone $name"
}

export gcloudssh_default_project=""のあたりをよしなにして、IAM ロールが問題なければ source gcloudssh.sh とかして、

$ gcloudssh 

で GCE インスタンスの一覧を peco なインタラクティブな選択ができる。あとは選べば gcloud ssh でつないでくれる。

$ gcloudssh hoge-instance-001

とかでも接続できる。

gcloud --filter | grep で見に行くので、インスタンス名ドンピシャじゃなくて hoge とか大雑把な引数でも大丈夫。
zsh や fish なんかではよしなに読み替えて貰う必要がありそう、特に fish だと。


ちなみに gcloud ssh の説明はここ
インスタンスに接続する | Compute Engine ドキュメント | Google Cloud

前後の記事

Next:
Prev: