Confuluence に関する投稿を表示しています

Confuluence を Markdown で書く

Confuluence の世界に Markdown で書いてたものを持っていくとか Markdown でサクッと書きたいなあ、などというのが微妙に不便しているので、誰かベストソリューションを教えてほしい。

Markdown for Confluence | Atlassian Marketplace

これは Confuluence のページに Markdown なコンテンツを埋め込める、というもの。
Markdown で Confuluence のページを書けるといえばそう。けど、これだと Markdown の世界と Confuluence の世界がつながらないので、ちょっと微妙…、かも?

Confluence Wiki マークアップ - アトラシアン製品ドキュメント

マークアップ機能はでっかい Markdown や、やや処理にクセがあるっぽく、うまく出来ないときの修正の仕方がいまいちわからない。
ただ Confuluence Wiki 記法はうまく処理されるっぽい。
というわけで Markdown から Confuluence Wiki 記法にするそれっぽいのを書いてみて、手元だけはすこし楽できるようにしてみた。

GitHub - sters/md2cw: Markdown syntax to Confluence Wiki syntax

converter を見てもらうとわかるけれど Markdowm のパーサーやレンダラーとして動いてくれる blackfriday というのがある。

GitHub - russross/blackfriday: Blackfriday: a Markdown processor for Go

ぼくはそれぞれの要素が Confuluence でいうどれにあたるかを書いたくらいしかしていないくらいに、世の中は便利。


git(というよりは svn が近いか)のそれみたいに、プル、プッシュ、マージが出来るようなクライアントとかあってもいいかもなーとか思った。
そうなるともはや Confuluence である必要はそんなにないかもしれないけれども。。


それはそうとして、このリポジトリ、go getでうまくいれられないくない?(日本語崩壊)
go modulesとgo getのお気持ちがちょっとまだわからない…