ゲーム関係 に関する投稿を表示しています

Minecraft x DQ な DQM5 の導入方法を説明をするよ(マルチも可)

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

2019/07/22 追記

1.14+?かな?でランチャーが新しくなったっぽく、そこで同じように動くかどうかは確認していないです。
1.13をちょろっと遊んだときのランチャーでは動いたので、根本的な仕組みが変わっていなければ動くはずー


いろいろ調べても「一度インストールずみの .minecraft を消しましょう」とか「​Minecraft 最新バージョンなどで既に起動済みの場合無理です」みたいなものばかりでもうちょっとなんとか出来るんじゃね?という気がしているのと、古いランチャーももはや存在しないので(探せば出てくるがログインできない)、いろいろ試行錯誤してみた結果、最強の方法(いいすぎ)を見つけたのでメモしておくための記事。

1.5.2 の Forge 環境構築編

ざっくり手順は以下の通り。

  1. Minecraft を通常起動し 1.5.2 のバージョンでゲームを起動する
  2. %APPDATA%/.minecraft/versions/ を開き 1.5.2 というフォルダがあるはずなので、コピペして 1.5.2-DQM5 などとして作成
  3. 中に jar と json ファイルがいるので、それぞれフォルダ名と同じ名前にする ( 1.5.2-DQM5.jar / 1.5.2-DQM5.json )
    • ここまでやるだけ。
  4. json を適当にいじくる
    • JSON Formatter などを使って整形する Best JSON Formatter and JSON Validator: Online JSON Formatter
    • ちゃんと試したわけではないがこんな感じのことをやったはず。
      "assetIndex": {
      ...
      }, ※"id"が始まる前までを消す
      "id": "1.5.2",

      "id": "1.5.2-DQM5" ※フォルダ名と同じにする
      "synced": false,

  5. 1.5.2 の forge をダウンロードしてくる
    • Latest の Universal をダウンロードすること Minecraft Forge
    • たぶん forge-1.5.2-7.8.1.738-universal.zip から更新ないと思う(古いので)
  6. jar を編集するために 7zip をインストールする
  7. 1.5.2-DQM5.jar に ダウンロードした forge-1.5.2-7.8.1.738-universal.zip の中身を全部いれる
    • jar を 7zip で開いて、ドラックアンドドロップ。上書きしますか?的なことを聞かれたら全部上書きする
    • jar の中に入るだろう META-INF フォルダを消す
  8. デスクトップに DQM5 などとフォルダをつくる(デスクトップじゃなくてもいい)
  9. インストーラーではない Minecraft 本体をダウンロードして、その中にいれる
  10. Portable 版の Minecraft を起動するバッチファイルを、同じフォルダに作成
    • start.bat というファイル名で作るとわかりやすくて OK
    • 中身は以下のとおり(APPDATA という変数を設定すると、そこをホームとして Minecraft が認識するようです)
      set APPDATA=%CD%
      start Minecraft.exe
  11. バッチファイルで Portable 版の Minecraft を起動
    • start.bat をダブルクリック
    • 初回起動はランタイムなどのダウンロードがあるのでちょっと時間がかかる
  12. 起動オプションで新規にプロファイルを作成する
    • 名前は DQM5 とか適当で OK
    • バージョンは 1.5.2-DQM5 というのがあるはずなのでそれ
    • もし見当たらない場合は versions フォルダ内の作業が間違っているので見直す、リネームし忘れや json の編集し忘れ。
    • ランチャーをバッチファイルで再起動してください
    • ゲームディレクトリはデスクトップに作った DQM5 フォルダ/.minecraft/ となるようにする
      • 例: C:\Users\xxxxx\Desktop\DQM5\.minecraft
    • 後の設定は自由に
  13. そのまま作ったプロファイルを起動
    • このときバッチファイルと同じ場所に .minecraft というフォルダができてない場合はバッチファイルかプロファイルが間違っているので確認する
    • FML Error みたいな表示がでるのでそのまま閉じる。正しい挙動です
  14. fml_libs を プロファイルのフォルダ内にある lib フォルダに入れる
  15. 再度作ったプロファイルを起動
    • ここまで forge しか入れていないので、何事もなく起動ができるはず
      • 起動しない場合は META-INF の消し忘れや fml_libs の導入をしていないのでは?
    • ついでにこのタイミングに言語を日本語に変えておくとよい
    • 画面解像度を変更したい場合はプロファイル内の "options.txt" で変える
      • overrideWidth と overrideHeight あたり
      • そのとき GUI の大きさが自動だと画面サイズに合わせて大きくなってしまうので、普通にしておくのがおすすめ。

DQM5 導入編

  1. DQMⅣ からダウンロードしておく
    • [1.5.2]DQM V Ver8.20 前提・本体
    • DQM IV・V・不思議のダンジョン共用 音声・BGM
  2. ここまでの作業がおじゃんにならないように各種のファイル・フォルダをコピーとっておくのがおすすめ
    • 特に 1.5.2-DQM5.jar をいじっていくのでこれのバックアップをしておいたほうが楽
  3. 1.5.2-DQM5.jar に "[1.5.2]DQMIV 前提 Ver.13.80 (jar).zip" の中身を全部入れる
    • forge でやったみたいに 7zip で開いて放り込む
    • ファイル名が 4 だけど?みたいなツッコミは心の中でどうぞ
  4. "[1.5.2]DQMIV 本体 Ver.13.80 (mods).zip" を プロファイル内の mods フォルダに入れる
    • 要はこのフォルダにいれる C:\Users\xxxxx\Desktop\DQM5\.minecraft\mods
  5. "[1.5.2]DQMIV 音声 Ver.11.40.zip" の中身(resource フォルダ)をプロファイル内の resource フォルダに上書きする
    • ファイルが被ってはいないので影響ないはず
  6. ここで 1 回起動確認
    • 画面が暗転したままなのは起動に失敗している
    • 起動に失敗したらプロファイル内の "ForgeModLoader-client-0.log" を読みとき、エラーの原因を探る
      • 原因不明なら一からやり直すと OK
      • それでも解消しないのは各自でがんばって
  7. とりあえず以上で DQM5 の世界は遊べるようになるが、公式サイトにもあるように、レシピ確認など追加でいくつか mod を入れないと厳しいので、次へ。

そのほか mod 導入編

ここまでは試してみて、実際に入れたり入れなかったりしたもの。
あとは、そもそも DQM をもう少し楽しんでから入れるかどうしようか決めよう、と思って試してない、妄想だけ。

マルチプレイ編

  1. ここまで用意したファイルを分かりやすいフォルダに分けて zip でまとめる
  2. 相手に送る
  3. 自分と同じフォルダ構成になるように設定してもらう
  4. 普通に Minecraft で LAN に公開をする

サーバを立てたいってなると手順が違いそう、やってないのでわからんや。
hamachi 使えばリモートな人とも LAN がつながる状態になるので、それで見れるのではー(妄想)

といったあたりで終わり。エンジョイ DQM5

工業的 Minecraft プレイ日記 #16 / ネザースターを手軽に集めるよ

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


デデン。
Ender IO の強化黒曜石はウィザーの爆発にも耐性があるので、これで囲めばよし。気を付けることとして、角になる部分は爆発がすり抜けるので、例えば回収用のバキュームチェストとかをおくとぶっ壊れる。とりあえずは半分手動なので後で考える。

中には Draconic Evolution の Mob Grinder 。これはウィザーの爆発耐性があるのはもちろん、電力を使うことで一撃でウィザーすら倒してしまうやばいやつ。

中にソウルサンドと顔を並べて、スポーンしたのを確認して距離を取り。中に入るようの隙間から爆発ダメージを若干受けてますが、、
ちなみにこれ強化黒曜石の裏にいるとダメージがないけど、爆発のエフェクトとノックバックはでるのね。

そうして一瞬のうちにウィザーは Mob Grinder によって倒されました。

半分手動ではあるが、倒すのは一瞬で便利なのですぐネザースターが集まった。

Extra Utilities 2 の Mecanisl User で設置も自動化できたものの、これは爆発耐性がないので、空高くに設置、落ちてきたウィザーを Mob Grinder で倒し Ender IO の XP Vacuum と Vacuum Chest でドロップも回収できるようになったのでした。あとは爆発や叫び声がうるさいので Extra Utilities 2 の Sound Muffler をつけて静かになった。
 

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #15 / 小話:空を飛んだりゾンビ発電した

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Ender IO で Simple ではない Sag Mill を作った。どこかで拾ったコンデンサをつけておいた、めっちゃ性能出る。

いらないアイテムもぼちぼち出てくるのでゴミ箱を作った。オブザーバーをつなげてガシャガシャやるので MOD なしでもできる。

と思ったけど Thermal Expansion に消滅器があった。動力も不要で稼働できるので、これに Mekanism のパイプつかってアイテムを流すだけで十分だった。

そうこうしてだいぶ素材も必要十分になってきたので Mekanism のジェットパックを作った。水素を充填し、消費することで飛んでいける。エンドの探索はもちろん、ホバーモードもあるので空中作業もはかどりそう。とはいえ水素残量を気にする必要があるので、無理はできない。
というか空飛ぶなら Extra Utilities 2 の Angel Ring のほう無限に飛べるし楽なのでは、とあとあと気づいたのだった。

Ender IO の電動スポナーはゾンビピッグマンとウィザースケルトンをそれぞれの間しばらく稼働したのであった。ゾンビピッグマンは金塊とゾンビ肉用に、ウィザースケルトンは頭の回収に。

Ender IO のゾンビ発電を作ってみた。主要な電力線との接続に Ender IO のケーブルを使ってみたけどこれ便利だな、置き換えるまである。

エンダーパールも集まってきたのでエンドポータルを探しに行った。結構遠い、、ので Mekanism のテレポーターを用意した。電力すごい使うっぽいけど有り余ってきてるので大丈夫。ただ、両方のチャンクが読み込めていないと飛べないようで、向こう側にチャンクローダー置いておかないとだめかも。

手元にも充電できるように Mekanism のワイヤレスチャージャーを作った。手元に何か持っておく必要がないので便利。

Mekanism の火炎放射器を作り Ender IO の Grains of Infinity を大量に回収できるようにした。 Extra Utilities 2 の Mechanical User なんかで自動化できるかなあと思ったけど、なんかうまくいかなかったんだよなあ。

あとは Mekanism の鉱石統合器。これは鉱石辞書で同名になるようなものを変換できる。レシピは概ね互換性があるので、具体的に使う場面は少ない。Storage Drawers のあちこちにナゲットが散らばってしまっていたので、気づいたときに変換する用。

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #14 / 核融合反応炉を使った発電

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Mekanism もいよいよ終盤戦な雰囲気が出てきました。これまで作ってなかった素材と機械を順番に作っていきます。

水 + 水素 + バイオ燃料 → [加圧反応室] → 基質 + エチレンガス
エチレンガス → [回転式流体凝縮器:濃縮] → 液体エチレン
液体エチレン + 酸素 + 基質 → [加圧反応室] → HDPE ペレット + 酸素
HDPE ペレット → [クラフト] → HDPE シート
HDPE シート + 他素材 → [クラフト] → 太陽中性子反応器

塩水 → [加温蒸発プラント] → 液体リチウム
液体リチウム → [回転式流体凝縮器:気化] → リチウムガス
リチウムガス → [太陽中性子反応器] → 三重水素

水源 → [電動ポンプ + フィルタアップグレード] → 重水
重水 → [電解分離機] → 重水素

三重水素 + 重水素 → [化学混成機] → D-T 燃料



D-T 燃料を直接でもいいですし、三重水素 + 重水素 でも良いので、燃料を核反応融合炉に搬入しておきます。
これで核反応融合炉、それ自体の準備は整いました。

核反応融合炉を起動するには 1GJ のレーザーと、点火用のフーラムが必要です。レーザー増幅器で溜めることができるので、これで 1GJ 溜まるまで待ちます。フーラムには D-T 燃料を入れます。
あとは諸々のケーブルがちゃんとつながっていることを確認(特に電力)

そして起動・・・!

するとものすごい勢いで電気が流れてくるので、無駄にならないよう真っ先に各種機械とケーブルをアップグレードしつつ、もう一つインダクションマトリクスを作りました。こっちは再点火時のレーザー用の電力を確保しておくものです。

こうして電力問題は解決されたのでした。

なお配線をすべて地下にしたのでえらいこっちゃになりました。
あとあと分かったのですが EnderIO のケーブルを使うと 1 マスにエネルギーとアイテムと液体を一緒にできるのでスペースがスッキリします。さらに Mekanism のケーブルと異なり、中身が見えないので動作も軽量なようです。容量的には Mekanism よりも少し劣りますが、それで困るときは直列で配置しすぎているはずで、それ以上の拡張も見込めないので、早々に並列な配列にしていく必要があるはずです。

ちなみに紹介してなかったですが
リチウムガス → [化学結晶化装置] → リチウムの粉
とリチウムの粉が作れて、これを使ってインダクションマトリクスを作っていきましたので、先にリチウムは生産できていました。
工業的 Minecraft プレイ日記 #13 / デジタルマイナーで鉱石採掘の自動化 | ごみばこいん Blog

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #13 / デジタルマイナーで鉱石採掘の自動化

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Mekanism にはデジタルマイナーという機械があり、Buildcraft のクァーリーなんかと違って更地にするわけではなく、自動で鉱石(というか指定したもの)だけを掘ることができます。さらに、シルクタッチで採掘することができたり、掘っただけでは空間になってモンスターがスポーンしてしまうのを防ぐために、そこを丸石で埋める設定にもできます。

ということで丸石製造も始めました。
こちらは Extra Utilities 2 の Mechanical Miner を使います(紛らわしい)これは目の前を掘ってくれるやつです。掘ったものは適当に吐き出されるので Storage Drawers で同じく Extra Utilities 2 の圧縮丸石にしておきます。

拠点近くばかり掘っても限界がすぐ来るので、遠くの土地でひたすら掘ってもらえるように Mekanism の量子もつれ転送機も作りました。
これは電気、アイテム、液体、ガスなどなど Mekanism で扱えるものはすべて遠くに転送できるすごいやつです。

しばらく動かしてみて気づいたのですが、どうやら丸石で埋めることが出来ていないようでした。設定の問題か搬入の問題か…。
まあ遠くの土地なので、拠点からはスポーン範囲外ですし、放置でいいか。

そして、いざ動かし始めると、電力が足りなくなってきていることに気づきました。タイミングよく全設備が同時に稼働するとかなり消費されるので、在庫がすぐ空っぽになってしまいます。とはいえ全設備が常時稼働し続けるわけでもないので、余剰電力をできるだけさらに貯められるように、今後の発電機にも対応するべくインダクションマトリクスも作りました。

ミニマムで作っても 1GJ も入るので、一気に技術革新した感じがあります。

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #12 / Mekanism の鉱石 4 倍化ラインを作る

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


ある程度電力や素材が安定してきたので、さらなる機械を作っていくため、鉱石をもっと効率的に生産できるようにします。

4 倍化ラインでは 3 倍化ラインに加えてさらに、塩水と塩素、そしてそれらからできる塩化水素という中間素材が必要になります。この塩化水素を化学注入室によって、鉱石に注入し、そこから 3 倍化ラインの処理をしていくことで 4 倍化ラインが出来上がります。

3 倍化ラインの記事はこちら。
工業的 Minecraft プレイ日記 #8 / Mekanism の鉱石 3 倍化ラインを作る | ごみばこいん Blog

加温蒸発濃縮プラントを作ります。あとで気づいたのですが、これ昔の作り方だそうです(wiki みてね)太陽光パネルはなくてもいいのと、つけても電気の出力はまったく内側に向ける必要はありません。
Mekanism のコンフィギュレーターで液体パイプのところをカチカチやると入力と出力を切り替えられるので、適当に設定します。

横の黒い大きなやつは Mekanism のダイナミックタンクです。かなりの量の液体をためられます。

加温蒸発濃縮プラントに水をポンプで搬入し、プラントへ太陽光の力か別途熱を伝えることで温まり、塩水が生成されていきます。バルブをつけて、抵抗型発熱器をつけたらいいかと思うのですが、ちょっとよくわかりませんでした。
とりあえずできているのでOK。

ついでなので、水と溶岩も貯めるようにしました。
奥に見える機械はまたあとで紹介します。

溶岩は Thermal Expansion の溶岩るつぼで生成しています。ネザーラックをガンガン放り込んで溶岩をガンガン作ります。

いっぱいになったダイナミックタンクを見たらこれくらいの量が入っているそうです。水はポンプから無限に吸い上げられるので別にいれなくてもいいとは思うのですが、ポンプも速度の上限があるので、まあ、まあ。

これらを電解分離機と化学注入機にかけて素材を作ります。鉱石倍化ラインを使っていないとき、電力が余るのでその分で素材を作って置けるよう、ガスタンクを置いておいてます。

従来の 3 倍化ラインまでパイプをひっぱって 4 倍化ラインになりました。

ある程度の余剰鉱石が出来てきたのでさらに機械をアップグレードしました。

そうこうしているとさらに電力が足りなくなってきたので……

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #11 / 小話Redstone Clock とそのほかいくつか

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Tinkers Construct の溶かした金属を流すのに Extra Utilities 2 の Redstone Clock が使えるなあと思ったのでやってみた。Tinkers I/O がそれっぽいこと出来そうかな?と思ってたけどこっちのほうが作るのも早く、期待通り動いてくれたのでこれでいいや。

そろそろ鉱石掘りも資源が集まってきて、アレヤコレヤと製錬するものが増えてきた。
ということで Mekanism の機械をアップグレードして、並列に製錬できるようにした。
まずは基本アップグレードで 3 並列。

充電するようなもの特にないんだけど、チャージパッドを作ってみた。

生肉を干せるラックがあったので作って試してみた。革ができる。

サトウキビを自動化した。何かと使うので…。
とはいえオブザーバーとピストンという工業化 mod としてはあるまじき行為。まあ、まあ。

Thermal Expansion の誘導加熱炉を作った。合金とかできる。

とかやっていたら発電量が足りなくなったので、風力発電を増やし、エネルギーキューブも増設。

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #10 / Ender IO の電動スポナー

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


EnderIOの環境では、通常のスポナーを壊すと、壊れたスポナーとしてドロップします。
そこへ、モブの魂を入れるビンを作って、Soul Binderを使って好きなモブのスポナーにすることができます。

で、食糧難になっていたので、鶏肉を量産することにしました。

こんな感じで電力を与えると自動でスポーンするようになりました。

で、柵で囲って鳥まみれにしようと思ったのですが、どうやらスポーンできる上限があるようで、一定数以上は無理でした。

ので、貯めるのをあきらめて、水流で流し、ExtraUtilitiesのスパイクで倒すことにします。
鳥肉の備蓄が十分になれば、遠距離攻撃のない歩行系のモブ、ウィザースケルトンなどに入れ替える予定です。

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #9 / Ender IO の経験値銀行を作る

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Simple でよいので Alloy Smelter と Sag Mill を作って色々素材を投下すると出来上がります。


できました。

右クリックするとメニューが出てきて、ポチポチして経験値を出し入れすることができます。
ほかにも Mekanism や EnderIO のパイプで液体としてを搬入出することも可能です。

これでこまめに出し入れしたら、事故死で経験値を失うこともなくなって素敵!

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #8 / Mekanism の鉱石 3 倍化ラインを作る

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


そろそろ機械のほうもパワーアップしていきたいので、まずは鉱石を増やす方向に強化していきます。
なるべく掘ったままの鉱石資源を持っておいて、必要になるたびに 2 倍化ラインに入れていましたが、もうひと手間増やし 3 倍化ラインを作ります。

3 倍化には精製室で、鉱石に酸素を入れる作業が増えます。
酸素は水をポンプで吸い上げ、電解分離機にかける必要があります。

そうして出来たものがこちらです。

ホッパーは鉱石を自動で投入したいので置いてあります。

精製室に酸素をパイプで送り込むと稼働します。

電解分離機は片方がいっぱいになると止まってしまうので、不要な方は余剰分を破棄にしておくとよさそうです。

で、動かしてみると微妙に電力が足りず止まることが多かったので、熱発電機と溶岩で微力ながら発電してみました。

つづく。

1 2 3