ゲーム関係 に関する投稿を表示しています

BatmanArkham Knight をひととおりやった(ネタバレなし)

バットマンの世界観をあまり詳しくはしらない(ダークナイト 3 部作をさっくりと見た程度)なのだけれど、遊んでみたらめっちゃ面白かった。
昨今はやりのオープンワールドスタイル(本当か?)で、あちこち移動して、悪人たちを成敗するゲームだった。


よかった

  • バットマン
    • 各種バットマンのアクションすべてに魅了されていく、たのしい。
    • グラップネルガン、バットモービル、そしてマント、それらを駆使してゴッサムシティのあちこちへと高速に移動できる。
      • バットシグナルが出れば迅速に駆けつけるのだ。
    • 移動能力はだんだんと強化することができ、最終的にはグラップネルガンからのマント飛行の速度がかなり早くなることができる。
    • ガジェットの能力も強化できるので、よりステルス活動も強くできる。
  • ゴッサムシティ
    • ゴッサムの土地まるごと移動放題、グラップネル・ガンでもバットモービルでもマント飛行でも移動できる。
    • 隅々まで結構しっかりつくられていると思う(たぶん...記憶が...)
  • ヒーローサイド(ヒーローか…?)、ヴィランのオンパレード
    • バットガール、ロビン、ゴードンおじちゃん、アルフレッドおじちゃんなどなど
    • ジョーカーは直接は出てこない(焼かれたあとの話で、精神的にな領域で出てくる)
    • が、そのほかの悪人は多数でてくる。
      • スケアクロウ、ペンギン、ハーレークィンなどなど
  • バットマン好きならさらに楽しめる一作になっているんじゃないかなと思う。
    • 現にプレイ後、バットマンの世界をもっとしりたいなと思った。
    • まずはジョーカーを見に行くか。

ビミョー

  • アーカムナイト…
    • 若干のネタバレかもしれないけど、アーカムナイトをもうちょっと深堀りしてもいいと思うんだよね
    • これじゃあ バットマン:ジョーカー&スケアクロウ だよ
    • もしかして前作とかでそういう話があったのかな…?
  • サブクエスト類がノーヒントすぎる
    • ヘリコプターやチンピラが喋る無線が入ってくるけどあんまりわからんかった
    • 地雷はそこら中を走っていたら見つかったのでまだいい
    • 消防隊員と死体調査、リドラーがだいぶ無理だった、全然みつからない
  • 格闘戦の難易度がそこそこ高い
    • 素手の敵だらけならスローカウンター中心にやっていれば大丈夫
    • プルートが出てきたら優先的に倒す方向で
    • 問題は電気系の奴ら。手持ち武器の場合とメディックがやってくる場合がある
      • どちらもそのままでは殴れないので、いったん距離とってガジェット使う必要がある
      • 放置して回りを片付けようとするものなら、バットマンがよしなにす~っと動いて殴ってくれて痺れるので NG
      • とかってやってると、すぐにバットマンがしぬ。
  • バッドウィングも乗せてくれ…!
    • やりたいだけ

みんなもバットマンになろう!

バットマン:アーカム・ナイト【公式サイト】

前後の記事

Next:
Prev:

DetroitBecome Human を一周やった(ネタバレなし)

ネタバレなしを頑張って書くが、このゲームはあなたの物語であって、初プレイはレビューはもちろん、攻略や噂とかいったネタバレな情報を一切なしに、とりあえず最後までプレイするのが一番楽しいと思う。
つまり、この記事を見るまえに遊び始めることをおすすめする

生存するにせよ死亡するにせよ、世界は進んでいくんだ。
遊んでいるうちにもう一つの分岐を見たい!などとチャプターをバックすることもせず、まっすぐ最後までやったほうがいい。最後までやってからアナザーの結果として見るべき。

自分は、主要キャラ全員生存せず、何人か死んでしまった。それもまたひとつの物語。
なんならコナーは冒頭の任務でしんでしまった。それでも綺麗に丁寧に物語がつながるようになっていて、場合によっては後の話に影響を及ぼしていると思えるシーンもあった。


よかった

  • 豊富な選択肢とストーリー
    • ゲームの制約は一定あるものの、割と明確に A か B か C か、さて?みたいに選択肢を与えられる
    • 順番に話を聞こう、みたいなことができるパターンもあるにはあるが、多くはないので、会話一つとってもどれについて話そうか結構考える
    • 何を選んだかで、物語は大きく変わる、それが良いものかもしれないし悪いものかもしれない
      • さらに言えば、ここで選んだ選択肢や行動が、後々のストーリーにも絡んでくる。
      • 例えば aaa を選択することによって xxx と不仲になり bbb を余儀なくされる、みたいなことがありえる。
    • その選択を、世界中の人たちはどれくらいの割合で選んだのか表示されるのもなかなか面白い
      • おれの最高の選択が 10%しかいない!みんなこのイベントみれてないのか!みたいな
    • デトロイトの台本は映画のそれよりも相当多いらしい。
  • ありえそうな未来感
    • 舞台が 2038 年、シンギュラリティを超えた世界。
    • このデトロイトの日常であるアンドロイドが様々なお仕事も一定できるような、世界にはまだまだ遠い
    • しかし昨今 AI やディープラーニング AR/VR といった xR ドローンなど、新たな技術とそれを利活用できる世界になりつつある
      • ざっくりあと 20 年後の世界、どうなっているかなんてわからない。
      • イライジャ・カムスキーやサイバーライフ社のような存在が出てきても何も不思議ではない
    • なんとなく、ありえそうな未来の姿が描かれていると思う。
    • そういえば余談だけれど、このありえそうな未来 WatchDogs でも同じような感想をもった。

ビミョー

  • 基本見るゲー
    • コナーの捜査シーンがもうちょっと深くなったりして、そういうゲームになってもいいなあとか思った
      • そうするともはや別ゲー
    • もうちょっとアクションシーンが強くてもいいと思った
      • そうするともはや別ゲー
    • 突然のボタン表示(QTE)が出てきて、ミスると死んでしまう場合がある
      • カットシーンになってもコントローラーから手放さず集中。
  • 全エンディングみるのが大変(?)
    • 2 週目はしなくていいかなあと思ってしまったのでやっていないのだけど、途中のチャプターからやっても前のチャプターの選択が変わることはないだろうので、全部みるには毎回最初からやる必要がある…???
    • 途中の分岐点からだけやってもいいけど、前チャプターから影響していることも多いのでむずかしそう

プレイした何人かで集まって 1 週目プレイした感想戦や振り返りをしながらの 2 週目プレイをしたりすると楽しいんじゃないかなと思った。というか選択が多いだけに語りあいポイントがおおそう。
忘れたころにもう一度やりたいと思う。

Detroit: Become Human オフィシャルサイト | プレイステーション

オクトパストラベラーをひととおりやった(ネタバレなし)

オクトパストラベラーをやった。

ネタバレしない程度をがんばって感想文などなどを書いてみる。


プレイ状況

  • 全員のシナリオはクリアした、裏ボス?にたどり着いたけれどちょっと苦しすぎてあきらめてしまったので、全クリアはしていない(もはやネタバレ感)
    • 裏ボスだけ急にめっちゃつよい…
  • 総プレイ時間は 120 時間くらいかなあ Switch の具体的なプレイ時間ってどうやってみるの Steam みたいにみれるそれがほしいなあ、とかおもった。
  • サブストーリーもだいぶ残っている 6-70%くらいはやったと思う。
  • 最初に選んだのはオフィーリア。最後にシナリオを終わらそうと思ってたのでずっと固定。
    • ナッツも全部投入したのでムキムキ神官になった。
    • そのほか最初に一緒になったのが、テリオン、サイラス、ハンイット。彼らで組むパーティが一番強くなってた。

よかった

  • 戦闘システム
    • 毎ターン 1 ポイントずつたまる上限 5 保持できるブースト 1 度に最大 3 まで使用して攻撃やスキルの威力を上げることができる
    • 弱点つくとブレイクできる 1 ターン飛ばせる + ダメージ増加
    • ボスによっては弱点が切り替わったり、ブロックされたりする
  • ドット
    • 2.5D 立体ドット。
    • 戦闘終了後の背景の階段の向きが変わっていく様子や、マップでの前後感がすごい。
    • ボスのドット絵の壮大さもすごい。ロマサガとかもこんなんだっけ、ボス戦になるとクソデカドット絵になって圧倒的感を出すやつ。
  • マルチシナリオ(個別)
    • 笑いあり、涙あり、熱さあり。
  • マルチシナリオ(個別)
    • 赤目の正体とその背景、登場人物。そして 8 人へのつながり
  • キャラ固有能力
    • 4 種類のフィールアクションを 2 キャラずつできる。
    • キャラの育ち具合やシナリオ進行度、ジョブのバランスをなどをみながら、パーティー組むべし。
    • スタッフロール見るにこれ生音か…!壮大。

ビミョー

  • マルチシナリオ(全体)
    • 個別キャラのお互いのストーリーにもうちょっと入ってくるかと思ったけどあんまりなかった。。
    • イベントごとにパーティーチャットなるものが開けるけど、そのときにいるメンバーが該当して初めて開けるのでうーん…
    • 最後に集まってラストバトル!かと思ったら違った。
    • 裏ボスはあるけど話が全体的にキレイにつながってない、個別シナリオで出てきた〇〇が△△と繋がってて〜とか後付けされて?こじつけっぽい()謎は残された…的な伏線感はあるけどそれつなげるのは無理では…。と思った。
  • ワクワク感
    • 商人のスキル BP パサーを使って、育ってるキャラの奥義を初手にすることで 9 割くらいの戦闘が済んでしまうことに気づいてずっとそれ。
    • それでレベル上げするのはちょっとしんどかった。
    • 序盤はワクワクして捕獲もしてたけど後半はもう捕獲諦めてた
    • 狩人スキルねんちゃく糸、同じく狩人アビリティのラストアクトあたりが便利すぎ、狩人/盗賊/学者あたりの多段ヒットできる系と組んでブレイク推しできるので、ボスもぬるくなりがち。
    • 序盤のまま便利〜と選んだキャラのまま進んだ。なので Lv40 くらいになるころには装備も整っていたのでアップデートも少なく、目新しさや新しい装備をしてみるワクワク感は少なかった。
      • 本当にまんべんなくやっていかないと、一方的に強いキャラ、装備が整ってしまうので、低レベルのシナリオ/土地を余裕で突破できてしまう。
  • 裏ボス
    • メインシナリオと関係ないところからつながっていくので、あるんかい!となる(たまたま見つけた)
    • ちょっと強すぎでは感…。
    • やるべきことをすべてやらないといけなさそうな印象
      • 全員のレベルをしっかりあげる、装備を整える、便利アビリティを覚えるなど。

結構たのしかったので、ぜひ!

OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー) | SQUARE ENIX

前後の記事

Next:
Prev:

工業的 Minecraft プレイ日記 #19 / おしまい

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


ここまでやってみて、いろんな Mod を入れるのもいいけど、目標を見失いがちなので、ちょっとうーん、となってしまいました。
なのでここらでいったんこの Mod 郡で遊ぶのを終わりにします。


いろいろな Mod を入れてやってましたがほぼ Mekanism しか触れてきませんでした。それくらいには色々できる Mod です。
特に夢の鉱石 5 倍化ラインや、電力をほぼ気にしなくてよくなる核燃料発電とその安定稼働までの道のりは長く、ひと通りやるボリュームはなかなか大きいと思います。よく、パイプが繋がっていないような現象になったり、テレポーターが機能しなかったりもありますが、適宜チャンクローダーをおいたり、別ディメンションにいったりとしたらなんとかなってました。
アップデートされて治ってたりするかな〜。

Draconic Evolution はまたまたほとんどやらなかったよ、、やっぱり素材や設備やいろいろ面倒な印象が、、、
Thermal Expantion もあんまりやらなかったなぁ、軽く設備作ったけど Mekanism で事足りちゃってました。たまに便利なのはあって便利、溶岩るつぼとか。
逆に Tinkers Construct や Storage Drawers とか EnderIO と、あと Extra Utilities2 あたりは大活躍でした。他の Mod の道具や設備とかぶりにくいオリジナルが多く、便利につかってました。

倉庫 Mod として定番の Applied Energistics 2 とか、建築便利な Better Builder's Wand とか、素材無限化 Chickens とか、そのあたりも入れてみたらもうちょっといろいろ面白かったかなあ、などと。


鉱石の取り扱いとか、設備系だとか RF まわりなど、ある程度の工業的な知見も溜まったので、もっと幅広くできるようななにかをやろうかなと。
Stoneblock とか SevTech あたりが人気そう? Stoneblock もそうだけど FTB 系のものはレシピ改変+がっつり幅広く全部+進捗管理、という印象があって、やりごたえ高そう面白そうな印象です。そんなところをやってみようかな〜

工業的 Minecraft プレイ日記 #18 / 天気を晴れに固定する

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


レシピを見ていると EnderIO の Weather Obelisk で天気を変えられそうでした。
雨が鬱陶しいので、これでなんとかしようとします。

ひまわりを The VAT でいくつかのステップを経るとできるので、こんな感じになりました。

あとはロケットと一緒に入れれれば晴れになります。
が、これでは手動なので Draconic Evolution にあった Rain Sensor を使います。レッドストーン信号が出るので横付けで。
あとは雨になれば自動的にロケットが飛んでいって晴れになります。


ここまでやってから Draconic Evolution には Celestial Manipulator なるものがありました。
手動ではありますが RF さえあれば天候も時間もいじれるのでこっちで良さそうです。ひまわりやロケットの苦労は不要でした。

前後の記事

Next:
Prev:

工業的 Minecraft プレイ日記 #17 / ExtraUtilities2 で無限に資源を掘る

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


ExtraUtilities2 の QuantumQuarry を使うと RF を消費して無から鉱石を掘ることができます。
無限に出てきたり、掘るバイオームを設定できたりするので、実際に真下の地面を掘っているわけではないっぽい。

ネザースターがお手軽に集められるようになったので、ソレを使って本体を作ります。

こんな感じの出っ張る装置を組み上げて RF を流せば動きます。

フィルタしないと要らないものが多いので、いい感じに設定。

あとは横にチェストをつけると格納されるので、いつものMecanismのパイプで搬出して倉庫行き。
そこそこな速度で採掘(?)してくれます。

前後の記事

Next:
Prev:

Minecraft x DQ な DQM5 の導入方法を説明をするよ(マルチも可)

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

2019/07/22 追記

1.14+?かな?でランチャーが新しくなったっぽく、そこで同じように動くかどうかは確認していないです。
1.13をちょろっと遊んだときのランチャーでは動いたので、根本的な仕組みが変わっていなければ動くはずー

追記ここまで。


いろいろ調べても「一度インストールずみの .minecraft を消しましょう」とか「​Minecraft 最新バージョンなどで既に起動済みの場合無理です」みたいなものばかりでもうちょっとなんとか出来るんじゃね?という気がしているのと、古いランチャーももはや存在しないので(探せば出てくるがログインできない)、いろいろ試行錯誤してみた結果、最強の方法(いいすぎ)を見つけたのでメモしておくための記事。

1.5.2 の Forge 環境構築編

ざっくり手順は以下の通り。

  1. Minecraft を通常起動し 1.5.2 のバージョンでゲームを起動する
  2. %APPDATA%/.minecraft/versions/ を開き 1.5.2 というフォルダがあるはずなので、コピペして 1.5.2-DQM5 などとして作成
  3. 中に jar と json ファイルがいるので、それぞれフォルダ名と同じ名前にする ( 1.5.2-DQM5.jar / 1.5.2-DQM5.json )
    • ここまでやるだけ。
  4. json を適当にいじくる
    • JSON Formatter などを使って整形する Best JSON Formatter and JSON Validator: Online JSON Formatter
    • ちゃんと試したわけではないがこんな感じのことをやったはず。
      "assetIndex": {
      ...
      }, ※"id"が始まる前までを消す
      "id": "1.5.2",

      "id": "1.5.2-DQM5" ※フォルダ名と同じにする
      "synced": false,

  5. 1.5.2 の forge をダウンロードしてくる
    • Latest の Universal をダウンロードすること Minecraft Forge
    • たぶん forge-1.5.2-7.8.1.738-universal.zip から更新ないと思う(古いので)
  6. jar を編集するために 7zip をインストールする
  7. 1.5.2-DQM5.jar に ダウンロードした forge-1.5.2-7.8.1.738-universal.zip の中身を全部いれる
    • jar を 7zip で開いて、ドラックアンドドロップ。上書きしますか?的なことを聞かれたら全部上書きする
    • jar の中に入るだろう META-INF フォルダを消す
  8. デスクトップに DQM5 などとフォルダをつくる(デスクトップじゃなくてもいい)
  9. インストーラーではない Minecraft 本体をダウンロードして、その中にいれる
  10. Portable 版の Minecraft を起動するバッチファイルを、同じフォルダに作成
    • start.bat というファイル名で作るとわかりやすくて OK
    • 中身は以下のとおり(APPDATA という変数を設定すると、そこをホームとして Minecraft が認識するようです)
      set APPDATA=%CD%
      start Minecraft.exe
  11. バッチファイルで Portable 版の Minecraft を起動
    • start.bat をダブルクリック
    • 初回起動はランタイムなどのダウンロードがあるのでちょっと時間がかかる
  12. 起動オプションで新規にプロファイルを作成する
    • 名前は DQM5 とか適当で OK
    • バージョンは 1.5.2-DQM5 というのがあるはずなのでそれ
    • もし見当たらない場合は versions フォルダ内の作業が間違っているので見直す、リネームし忘れや json の編集し忘れ。
    • ランチャーをバッチファイルで再起動してください
    • ゲームディレクトリはデスクトップに作った DQM5 フォルダ/.minecraft/ となるようにする
      • 例: C:\Users\xxxxx\Desktop\DQM5\.minecraft
    • 後の設定は自由に
  13. そのまま作ったプロファイルを起動
    • このときバッチファイルと同じ場所に .minecraft というフォルダができてない場合はバッチファイルかプロファイルが間違っているので確認する
    • FML Error みたいな表示がでるのでそのまま閉じる。正しい挙動です
  14. fml_libs を プロファイルのフォルダ内にある lib フォルダに入れる
  15. 再度作ったプロファイルを起動
    • ここまで forge しか入れていないので、何事もなく起動ができるはず
      • 起動しない場合は META-INF の消し忘れや fml_libs の導入をしていないのでは?
    • ついでにこのタイミングに言語を日本語に変えておくとよい
    • 画面解像度を変更したい場合はプロファイル内の "options.txt" で変える
      • overrideWidth と overrideHeight あたり
      • そのとき GUI の大きさが自動だと画面サイズに合わせて大きくなってしまうので、普通にしておくのがおすすめ。

DQM5 導入編

  1. DQMⅣ からダウンロードしておく
    • [1.5.2]DQM V Ver8.20 前提・本体
    • DQM IV・V・不思議のダンジョン共用 音声・BGM
  2. ここまでの作業がおじゃんにならないように各種のファイル・フォルダをコピーとっておくのがおすすめ
    • 特に 1.5.2-DQM5.jar をいじっていくのでこれのバックアップをしておいたほうが楽
  3. 1.5.2-DQM5.jar に "[1.5.2]DQMIV 前提 Ver.13.80 (jar).zip" の中身を全部入れる
    • forge でやったみたいに 7zip で開いて放り込む
    • ファイル名が 4 だけど?みたいなツッコミは心の中でどうぞ
  4. "[1.5.2]DQMIV 本体 Ver.13.80 (mods).zip" を プロファイル内の mods フォルダに入れる
    • 要はこのフォルダにいれる C:\Users\xxxxx\Desktop\DQM5\.minecraft\mods
  5. "[1.5.2]DQMIV 音声 Ver.11.40.zip" の中身(resource フォルダ)をプロファイル内の resource フォルダに上書きする
    • ファイルが被ってはいないので影響ないはず
  6. ここで 1 回起動確認
    • 画面が暗転したままなのは起動に失敗している
    • 起動に失敗したらプロファイル内の "ForgeModLoader-client-0.log" を読みとき、エラーの原因を探る
      • 原因不明なら一からやり直すと OK
      • それでも解消しないのは各自でがんばって
  7. とりあえず以上で DQM5 の世界は遊べるようになるが、公式サイトにもあるように、レシピ確認など追加でいくつか mod を入れないと厳しいので、次へ。

そのほか mod 導入編

ここまでは試してみて、実際に入れたり入れなかったりしたもの。
あとは、そもそも DQM をもう少し楽しんでから入れるかどうしようか決めよう、と思って試してない、妄想だけ。

マルチプレイ編

  1. ここまで用意したファイルを分かりやすいフォルダに分けて zip でまとめる
  2. 相手に送る
  3. 自分と同じフォルダ構成になるように設定してもらう
  4. 普通に Minecraft で LAN に公開をする

サーバを立てたいってなると手順が違いそう、やってないのでわからんや。
hamachi 使えばリモートな人とも LAN がつながる状態になるので、それで見れるのではー(妄想)

といったあたりで終わり。エンジョイ DQM5

前後の記事

Next:
Prev:

工業的 Minecraft プレイ日記 #16 / ネザースターを手軽に集めるよ

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


デデン。
Ender IO の強化黒曜石はウィザーの爆発にも耐性があるので、これで囲めばよし。気を付けることとして、角になる部分は爆発がすり抜けるので、例えば回収用のバキュームチェストとかをおくとぶっ壊れる。とりあえずは半分手動なので後で考える。

中には Draconic Evolution の Mob Grinder 。これはウィザーの爆発耐性があるのはもちろん、電力を使うことで一撃でウィザーすら倒してしまうやばいやつ。

中にソウルサンドと顔を並べて、スポーンしたのを確認して距離を取り。中に入るようの隙間から爆発ダメージを若干受けてますが、、
ちなみにこれ強化黒曜石の裏にいるとダメージがないけど、爆発のエフェクトとノックバックはでるのね。

そうして一瞬のうちにウィザーは Mob Grinder によって倒されました。

半分手動ではあるが、倒すのは一瞬で便利なのですぐネザースターが集まった。

Extra Utilities 2 の Mecanisl User で設置も自動化できたものの、これは爆発耐性がないので、空高くに設置、落ちてきたウィザーを Mob Grinder で倒し Ender IO の XP Vacuum と Vacuum Chest でドロップも回収できるようになったのでした。あとは爆発や叫び声がうるさいので Extra Utilities 2 の Sound Muffler をつけて静かになった。
 

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #15 / 小話:空を飛んだりゾンビ発電した

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Ender IO で Simple ではない Sag Mill を作った。どこかで拾ったコンデンサをつけておいた、めっちゃ性能出る。

いらないアイテムもぼちぼち出てくるのでゴミ箱を作った。オブザーバーをつなげてガシャガシャやるので MOD なしでもできる。

と思ったけど Thermal Expansion に消滅器があった。動力も不要で稼働できるので、これに Mekanism のパイプつかってアイテムを流すだけで十分だった。

そうこうしてだいぶ素材も必要十分になってきたので Mekanism のジェットパックを作った。水素を充填し、消費することで飛んでいける。エンドの探索はもちろん、ホバーモードもあるので空中作業もはかどりそう。とはいえ水素残量を気にする必要があるので、無理はできない。
というか空飛ぶなら Extra Utilities 2 の Angel Ring のほう無限に飛べるし楽なのでは、とあとあと気づいたのだった。

Ender IO の電動スポナーはゾンビピッグマンとウィザースケルトンをそれぞれの間しばらく稼働したのであった。ゾンビピッグマンは金塊とゾンビ肉用に、ウィザースケルトンは頭の回収に。

Ender IO のゾンビ発電を作ってみた。主要な電力線との接続に Ender IO のケーブルを使ってみたけどこれ便利だな、置き換えるまである。

エンダーパールも集まってきたのでエンドポータルを探しに行った。結構遠い、、ので Mekanism のテレポーターを用意した。電力すごい使うっぽいけど有り余ってきてるので大丈夫。ただ、両方のチャンクが読み込めていないと飛べないようで、向こう側にチャンクローダー置いておかないとだめかも。

手元にも充電できるように Mekanism のワイヤレスチャージャーを作った。手元に何か持っておく必要がないので便利。

Mekanism の火炎放射器を作り Ender IO の Grains of Infinity を大量に回収できるようにした。 Extra Utilities 2 の Mechanical User なんかで自動化できるかなあと思ったけど、なんかうまくいかなかったんだよなあ。

あとは Mekanism の鉱石統合器。これは鉱石辞書で同名になるようなものを変換できる。レシピは概ね互換性があるので、具体的に使う場面は少ない。Storage Drawers のあちこちにナゲットが散らばってしまっていたので、気づいたときに変換する用。

つづく。

前後の記事

Next:
Prev:

工業的 Minecraft プレイ日記 #14 / 核融合反応炉を使った発電

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Mekanism もいよいよ終盤戦な雰囲気が出てきました。これまで作ってなかった素材と機械を順番に作っていきます。

水 + 水素 + バイオ燃料 → [加圧反応室] → 基質 + エチレンガス
エチレンガス → [回転式流体凝縮器:濃縮] → 液体エチレン
液体エチレン + 酸素 + 基質 → [加圧反応室] → HDPE ペレット + 酸素
HDPE ペレット → [クラフト] → HDPE シート
HDPE シート + 他素材 → [クラフト] → 太陽中性子反応器

塩水 → [加温蒸発プラント] → 液体リチウム
液体リチウム → [回転式流体凝縮器:気化] → リチウムガス
リチウムガス → [太陽中性子反応器] → 三重水素

水源 → [電動ポンプ + フィルタアップグレード] → 重水
重水 → [電解分離機] → 重水素

三重水素 + 重水素 → [化学混成機] → D-T 燃料



D-T 燃料を直接でもいいですし、三重水素 + 重水素 でも良いので、燃料を核反応融合炉に搬入しておきます。
これで核反応融合炉、それ自体の準備は整いました。

核反応融合炉を起動するには 1GJ のレーザーと、点火用のフーラムが必要です。レーザー増幅器で溜めることができるので、これで 1GJ 溜まるまで待ちます。フーラムには D-T 燃料を入れます。
あとは諸々のケーブルがちゃんとつながっていることを確認(特に電力)

そして起動・・・!

するとものすごい勢いで電気が流れてくるので、無駄にならないよう真っ先に各種機械とケーブルをアップグレードしつつ、もう一つインダクションマトリクスを作りました。こっちは再点火時のレーザー用の電力を確保しておくものです。

こうして電力問題は解決されたのでした。

なお配線をすべて地下にしたのでえらいこっちゃになりました。
あとあと分かったのですが EnderIO のケーブルを使うと 1 マスにエネルギーとアイテムと液体を一緒にできるのでスペースがスッキリします。さらに Mekanism のケーブルと異なり、中身が見えないので動作も軽量なようです。容量的には Mekanism よりも少し劣りますが、それで困るときは直列で配置しすぎているはずで、それ以上の拡張も見込めないので、早々に並列な配列にしていく必要があるはずです。

ちなみに紹介してなかったですが
リチウムガス → [化学結晶化装置] → リチウムの粉
とリチウムの粉が作れて、これを使ってインダクションマトリクスを作っていきましたので、先にリチウムは生産できていました。
工業的 Minecraft プレイ日記 #13 / デジタルマイナーで鉱石採掘の自動化 | ごみばこいん Blog

つづく。

前後の記事

Next:
Prev:
1 2 3 4