ゲーム関係 に関する投稿を表示しています

工業的 Minecraft プレイ日記 #3 / TinkersConstruct を始める

ネザーにいくと見慣れないアーダイトという鉱石がありました。要求採掘レベルはコバルトです。
同時にコバルト鉱石もありました。こちらも要求採掘レベルはコバルトです。

…と、わけがわからなくなり wiki を見てみると、黒曜石の頭を持ったピッケルがその採掘レベルを持っているようです。

Material Stats | Tinkers' Construct Wiki | FANDOM powered by Wikia

というわけでコバルト、アーダイトを取り、最強のツールを作るために TinkersConstruct を始めます。

 

TinkersConstruct は各ツール(ピッケル、シャベル、斧、剣、弓、あるいは追加されるもの)について、部品ごとに作り、組み立て、拡張素材をつけることができます。

MOD 解説/Tinkers' Construct - Minecraft Japan Wiki - アットウィキ

 

部品の素材、拡張素材によって効果や耐久、採掘レベル、攻撃力、採掘スピードが変わるので、うまく組み合わせて行くことで最強に便利なツールもできます。
が、それはま追って。

 

まずは製錬炉を作ります。
Smelter を組み立て、コントローラーを使えるようにします。タンクも壁としてカウントされ、バケツで溶岩を入れることを忘れずに。中が 2x2 くらいあれば 1 段でもおけです。小さすぎると一度に溶かせる量が減って面倒です。
型を置く台 Casting Table を用意します。このときに下にホッパーおいたら、冷え固まったものが勝手にチェストへ流れるので便利。

配置を上から見ると、こういう感じ。

下段
 □ □ □ □
 □ ■ ■ □
 □ ■ ■ □
 □ □ □ □

上段
 □ ■ ■ □
 ■ □ □ ■
 ■ □ □ ☆
 □ ☆ ■ □

☆ = コントローラー、タンク

金型は金を使う必要がある。インゴットを置いて、インゴットの型を取ってみる。

鉄を溶かして、鉄インゴットを量産してみる。

ホッパーを下に置いた。これで金型に入れて固まったものは自動でチェストへ。

ここから黒曜石ツルハシを作っていくわけですが、
金属素材を使うには Smelter で溶かし、金属型あるいは使い捨ての粘土型に流し入れる必要があります。非金属素材、ようは木材や石は専用の作業台で作れます。

金属型をつくるには、丸石でツール素材を作り、そこに溶かした金を流し入れます。

今回はとりあえず黒曜石を掘ることができればよいので、ツルハシの頭だけ黒曜石、あとは適当に木や石で作ります。

各種作業台を用意して

木型を作り

石の部品を作り

金型を取る

あとは黒曜石を流しいれて、組み上げて…

完成!

これでコバルトとアーダイトが掘れるようになりした。

Mekanism の 3~5 倍化には対応していないので、製錬炉で地道に 2 倍にしていきます。

 

つづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #2 / 資源を集めたり拠点周辺を探索した

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


周辺をざっくり探索します。
Tinkers Construct の話は次にします。

Xaero's Minimap でマーカーを設定する

周辺を探索して、後で見る的なものをマーキングしました。

近くにゾンビスポナーがあったので、あとでトラップタワーか EnderIO の電力スポナーに使おうと思います。

また、近くに Roguelike Dungeons の施設がありました。
ここを少し探索します。

Roguelike Dungeons

中は階層構造になっていて、様々なところにチェストやスポナーが仕込まれています。

螺旋階段があるところで下の階層に降りていけます。
階層を降りるにつれて、よりスポナーの数が増えていて、かつ他 mod の影響下もしれませんが、エンチャントされた装備品もつけていました。

なんの準備もしていなかったので、二層目が限界です。
武器と防具を整えてまた来ます。

ちなみに、チェストの中はまあまあ微妙で、エンチャントがついた装備品や鉱石の類です。普通に掘って装備品作ったほうが早いのでは~~くらいの微妙さです。
偶然だと思うのですが The Ender が入っていました。序盤にこれはなかなか強い。しばらくメイン武器にします。

EnderZoo の土 mob

EnderZoo を入れていると、土をシャベル以外で壊したときにたまにびよ~~~んと飛んでくる mob が出現します。
意外と固いので、普通に作業しているときにこまるなあって感じです。

Ruins の謎オブジェクト

チェストも mob もいないので、ただの飾りでした。

浮島、Tinkers Construct のスライム島

上から青いスライムが落ちてきました。

Tinkers Construct のスライム島だと思います。
日本 wiki だとミニマップ系 mod に表示されないって書いてありますが Xaero's Minimap では出ています。

Thermal Cultivation のジョウロ


ジョウロを作りました。
作物は放置していても育ちますが、いま!すぐ!ほしい!というときに、成長を促すためのやつです。
ジョウロで水をすくって、ぶっかけます。

手動ではありますが、ぐいぐい育つので、しばらくパンが主食になります。
もみじ mod のスプリンクラーよりも早いですが、手動なのがネックですかねえ。自動で動かせないかな。

黒曜石を掘る

水をバケツにいれて、溶岩だまりにどばーっとぶっかけて Vein Miner の一括採掘機能をガシガシ掘ります。
すぐに掘り切れるので超便利。もちろん掘ったブロック数だけ耐久度も減ってます。

Storage Drawers の引き出しを作る

石や黒曜石など、大量にとってしまうものをしまう引き出しを作りました。
これらによってチェストが侵食されることがなくなりました。

ネザーにやってきました

とりあえず丸石で囲みました。奇遇にも近くに要塞っぽいものが見えます。
中をちょろっとだけ見ていきます。

しんでしまいました

GraveStone Mod のおかげで、死亡時のアイテムリストがみられるのと、その時の場所に墓石が出来て、アイテムを安全にしまっておいてくれます。
素手で壊すとアイテムが取り出せますが、飛び散るので注意って感じです。

帰ってきました

そこそこいろいろありました。
馬鎧は微妙ですね…レシピを見ると、鉱石に戻せるっぽいです。

ちなみにこれは Backpacks!で作ったバックパックにアイテムをしまっています。
追加でインベントリができるので便利。

工業的 Minecraft プレイ日記 #1 / Mekanism で鉱石 2 倍化する

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


まずは鉱石を増やしたいです。
採掘する時間を減らすために。

Wiki を見ると Mekanism では鉱石は最大 5 倍まで広がるようです。しかしながら構築するのも資源が必要と。

MOD 解説/Mekanism - Minecraft Japan Wiki - アットウィキ

 

と、いうわけでまずは 2 倍にしていきます。(ここからほとんど wiki チュートリアルそのまま)

とにもかくにもかく鉄をちょっと集めて鉄ピッケルを作り、石ピッケルとともに Y=11 くらいまで潜り、このあたりで採掘をして資源を集めます。
金、ダイヤも狙いつつ、鉄とオスミウム、レッドストーン、石炭を集めていきます。とりあえず今は銅は余裕があればくらいでよいかとー

 

鉱石掘りに飽きてきたら、木こりをして原木集めです。今回導入している vein miner は原木も一括破壊が可能です、すごい!
木の斧を大量に作って森林を解体するのが低コストで大量の原木が得られておススメです。

石炭が豊富になるまでの間、木炭にしていくためにも原木がたくさんあると良いです。松明にも使うしね。

 

とりあえず無駄に焼きすぎないように、なるべく早期に濃縮チャンバーを作ります。
これだけでは電力がなく動かせないので、火力発電機を作ります。
直付けで電力も通るので、大丈夫です。

鉄が増えてきたら風力発電機を作ります。ついでに冶金注入器を作ります。
鉄インゴットと石炭(木炭)で鋼鉄インゴット、レッドストーンとオスミウムで基本制御回路を作ります。
これで、ケーブルと風力発電機が作れるようになります。

適当に石なんかを積み上げて高いところに風力発電機を置いて、ケーブルを繋げばしばらくの間は発展していく間の電力は賄えます。
足りなくなったら風力発電の数を増やしていこう。

とりあえず 100 ブロックくらい高いところに置いたけど、もっと高いところのほうがいいのかなあ、わからん。

さらに採掘して、資源が集まったら機械化やアップグレード、さらなる機械を導入していきます。
ここまでの装置をいったん全部繋げたらこんなになりました。
ラインのきれいさとかはあと。

石炭を詰めた冶金注入→冶金注入で一発で鋼鉄の粉を作る用のものと、レッドストーンを詰めた冶金注入で、合計 3 台置いてます。

あ、裏面の四角の形状のやつは基本エネルギーキューブのです。
機械が稼働すると電力不足になっちゃう(風力発電がまだ貧弱)ので、使っていない間の電力をためてます。

金色のチェストは IronChest で追加される金チェストです(そのまま)
スペース広いなあくらいで、数えたことなかったけど 81 スロット入るらしい。

Gold Chest - Feed The Beast Wiki

 

次の目標は鉱石 3 倍化!
…の前に。もっと鉱石掘りの効率を上げるため、ぼくの考えた最強のツールを作ります。その始まりとして Tinkers Construct に触れていきます。

 

ちなみに余談なんですが IC2 の場合は最初に鉱石を砕いてキレイにキレイに、塵も集めて、と鉱石を増やしていきます。
一方で Mekanism は鉱石へ前処理をアレコレして、そのままインゴットとして焼けるキレイな粉の出力を最終的に 5 倍まで増やせるようです。
mod の色が出ていて面白いですねえ。

次へつづく。

工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める

以前 1.7.10 で Build Craft を主体に Forestry を入れて工業と農業をしていたり、そのあとは Minecraft 1.7.10 を使って IC2ex を主体に BuildCraft と MineFactory Reloaded 2 と Logistics Pipes を使って工業生活をしていました。

このあたりにちょっとだけ書いている。
Minecraft をやり始めて、サーバを立てて、ここまでのまとめ | ごみばこいん Blog

今回は BuildCraft でも IC2 でもない別のやったことのない工業系 mod を主体的に使っていこうと思います。

各記事リンク

Minecraft 、 Forge のバージョン

ちょっと下調べをしてみると 1.12 対応 mod も増えており、各種工業や魔術系の mod も利用できるようになってきているようです。と、いうわけでせっかくなので 1.12.2 を使います。

Forge は 1.12.2 - 14.23.3.2655 を使っていきます。

Minecraft Forge

導入する mod

とりあえずはこんなところで、また増えたら追記します。

これらの導入した mod について、プレイ日記のような形でちょっとずつ紹介したりしていきたいと思いますが、個別に細かく解説記事を書く予定はありません。
日本 wiki や FTB wiki 、または各 mod の公式 wiki や紹介動画などを見るかしてください。

Minecraftトップページ - Minecraft Japan Wiki - アットウィキ
Feed The Beast Wiki

そのほか

クリエイティブモードや JEI のチートモード、 MCEdit などの外部ツールを使う予定はありません。サバイバルでもりもりやっていきます。

終わりは飽きるまで。各 mod で追加された要素について一通り触れるまでは続くと思います。たぶん。

基本 1 人プレイのつもりですが、たまに 2 人になるかもしれません。

たくさんの時間を確保しにくいのでちょっとずつやっていきます。とりあえずのところは溜まっている分があるので、それをちょっとずつ記事にしていくような感じになります。


ここからの続きはプレイ日記で。

WatchDogs 2 のメインストーリーと DLC1-3 のストーリーをクリアした

これ起動時のロード画面?なんだぜ、かっこいいだろ。

前作についてのクリアしたよって話はこっち。
WatchDogs のメインストーリーをクリアしたよ | ごみばこいん Blog

公式サイトはここ。
Watch Dogs 2 - ウォッチドッグス2 | Ubisoft

前作から変わったところとか

舞台

  • 舞台はサンフランシスコ
    • サンフランシスコ~シリコンバレー、オークランド。大体そのあたり。
    • 縮尺は現実とあっていなくて(そりゃそうだ)いい感じにデフォルメされたような
    • 実在する地名も出てくる。アルカトラズとか。
  • 主人公が DedSec の一員になった
    • 主人公が属する SF の DedSec チームが主役
    • 1 人の戦いではなく、ストーリー全体を通してチームで戦っている感がある
  • ctOS のバージョンがあがって 2.0 になった
    • ctOS タワーがない
    • やっぱりスマホポチーでハックできる ctOS
  • 現実っぽさマシマシ
    • アプリを市民に入れてもらって、そのマシンパワーを使ってより高度なハックができるようになる
    • アプリでは真実を伝えることで、利用者(=フォロワー) を増やしていく
    • 3D プリンタで銃を作る
    • スマートホームとか、自動運転とか
    • nudle maps 超便利(nudle って明らかに Google オマージュでしょ)
    • ギャングとハッカー


ゲームシステム

  • "フォーカス"がなくなった
  • ガジェットが増えた
    • ドローンとジャンパー。便利すぎて 1 人でコソコソしなくていい
  • 装備スロットはスタンガン + 任意の武器 2 つ
  • 拠点(=ハッカースペース)ができた
  • ガンショップがなくなった
    • 拠点には 3D プリンターがあるので、最高にクールな銃を製造できる
  • ハッキングに回路パズルが絡むことが少なくなった
    • 要所要所で現れる
    • かつ、別画面に移行することなく、世界に回路パズルが見える
    • ガジェットやハックを駆使して解決する
  • 自撮りができる
    • 特定の目的の時に写真を使うことがある
  • 警察だけでなくギャングからも追いかけられることがある
    • 前作もあったっけ?

プレイ状況

攻略サイトなどの情報は一切なし。

最終的なプレイ時間は 33 時間でした。

メインオペレーションと、ほぼすべてのサイドオペレーション、 DLC オペレーションをクリアしました。

サイドオペレーションを完遂するという実績が解除されていなかったので取り逃したんだろうなあ。
でもサイドオペレーションがこれ以上は見当たらないのだけど、これはいったい…?
サイドオペレーションを優先してやっていたのだけど、お話が進むにつれてできなくなる、とかあったのかなあ…わからん…。

 

最終的なスキルはこんな感じ。

ドンパチ系スキルをほぼ取っていないんですが、これはプレイングがサイレント寄りだったのでーって感じですね。
前作に比べてドンパチやるか、フルサイレントでやるか、ほぼすべての場面で選択できたと思います。

 

収集品は最低限って感じで、スキルを取る上で必要なものを優先してーって感じですかね。

 

前作もそうだったんですけど、カーオンデマンド使わなくない…?
ちょっと走ったら道端に駐車しているか、道路を走ってくる車がいるので止めて乗っ取り~ってのが主な移動手段でした。

 

あとは自撮りが楽しいよってくらいなのでちょっとだけ紹介するね

これはイケイケ砂漠フェスの様子

これはシリコンバレーの大企業 nudle の社内の様子

これは警備会社で民間軍事会社のユーメナイズールーの装甲車。大切なものを運んでいるらしい。

これはサンフランシスコの光景。どこ…

Dead Rising 3 をひととおり遊んだ

以前のブログで書いたところから、エンディング S を獲得し、知られざる物語も一通り終わった。

以前の記事はここ。
Dead Rising 3 のメインストーリーを 1 週したよ | ごみばこいん Blog

 

エンディング S については、まあ、なんだ、普通に提示されるルートを通ればいいだけっぽいので、何も難しいことはない。

ボスキャラ全般にいえることではああるが、回避→コンボ武器で強攻撃→よろける→回避→…、の繰り返しで倒せてしまうのはちょっと味気なかった。ラスボスこそなんか特別感あればよかった(例えば巨大ロボになるとか)のだが、それもなく…。うーん。。

エンディング S に行く前に、残りの収集品を集めたのと、レベルが 50 になり、 PP もありあまって、スキルがカンストした。スキルがカンストしてもなお PP が増え続けていくのはワロタ。

知られざる物語については、エピソード 2 の途中までちゃんと収集品を集めていたが、途中で面倒になってしまい、クリアを優先した。実績解除マン、やりきった感はすごいのだけどそこまでやりきる気持ちはない…

知られざる物語はいずれもストーリーの前後を小話で補完するようなもので、ここについては満足度よかった。
エピソード 4 のラストシーンが、ゾンビ映画っぽい終わり方でちょっと感動したよね。

 

ここまでのトータルプレイ時間は Steam 上でみると 28.9 時間。実績解除率は 75 % 。

 

立て続けにメインストーリー 2 週目やるほどか、って気もするので、そのうちゾンビをバッサバッサする気持ちになったらまたやろうと思う。

とりあえず Dead Rising 3 はこのあたりでおしまい。次は Assassin's Creed 4 Black Flag をやろうと思う(ちょうどやりたかったところだし Uplay の無料配布ありがてえ)

Dead Rising 3 のメインストーリーを 1 週した

いつか Steam 上でセールをしていたときに購入しておいた Dead Rising 3 Apocalypse Edition をようやく今になって年末~年始あたりで一気にプレイ、メインストーリーをとりあえず一周しました。

※画像にはややグロ要素ありです※

プレイ状況

プレイ時間は Steam 上で見る限りは 18 時間。

サイドクエストは案内されたものはすべて消化…?掲示板から募集できる仲間は 20 人でした。他どこにいるんだ…。いくつかの設計図や収集物の取り方がわからなかったので、マップから見れる限りだと、9 割くらいとった感じ。

スキルはこんな感じです。

1 週目のエンディングでは C でした。あそこであの人を倒しちゃいけないのかー。。
ほかにも、エンディングに向けた分岐点が分かりにくい(プレイしていて選択肢っぽい要素がまったく見えなかった)ので、例えば「倒すかXXに行け」のように、ちゃんと示してもらえればなー。

武器

Dead Rising シリーズは初めてのプレイなのですが、落ちているものを組み合わせて、新しい武器を即席で作っていく様子は非常に面白かったです。スキルポイントの割り振りで、コンボ武器に振ると、アイテムのカテゴリ同士でコンボ武器が作れるようになり、お前その素材どこから出したんだよ感が凄いです。

メインに使っていたものは ZAR と 電動クラッシャーです。このびりびりするハンマーは非常に優秀で、ゾンビの大群を掃除するのに最適でした。 ZAR はどちらかというと、ボス戦だったり、硬い敵を遠距離でやらざるをえないとき、射撃系の仲間に持たせるときに使っていました。

そのほかでは、コンボ武器ではありませんが、長剣、バトルアックスが武器ロッカーからのコストも低く威力も高め(?)で、使い勝手がよかったです。

ハンマーが結構優秀すぎたのもあって、ほかの武器をあまり使っていなかったので、2週目はいろいろな武器を使っていこうと思いました。

あと置物系や押しもの系ってどこで役に立つんだろう…。長距離移動するなら車かバイク使っちゃうし…。そういう地形だとか、強制させるようなイベントがあるといろんなコンボ武器を使う必要に駆られるので、そういうのほしいなあなんて思いました。

ゾンビの大群

プレイしていて面白いなと思ったのは、メインストーリーが進むごとにゾンビの種類、数が増えていくところ。序盤はなんだヌルゲーじゃないかと思っていたのですが、チャプター 7 では道を埋め尽くすほどの数になっていて、街の反対側にいくのにも一苦労。。とりあえずハンマーが主軸になっていたので、ばこーんびりびりーってやってひたすらゾンビを押し進めるような形でした。

とはいえ、この大群な感じはとっても面白く、無双シリーズのようなバサバサ感はやっていて爽快感に溢れます。コンボ車両を作って、ドンパチやるのも非常に楽しいですね。

あと、大群でるのはいいんですけど、プレイヤーからちょっと距離取ったあたりのゾンビがまったく動かず判定もないのはちょっと微妙だなあ…遠距離まで届く武器の意味ないじゃんねー。設定さげているからそのせいなのかも?

そのほかのところで

街中で見つけたコスチュームを着まわせるが、イベントシーンにもそのコスチュームが反映されています。全体的にシリアス目なストーリーではあったと思うのですが、うっかりランジェリー+アフロ姿でイベントを進めると途端にバカゲーかのような印象に…!

グロ要素、ホラー要素はあまり強くなく、そのあたりが苦手目の私でも、もっとやりたいと思うくらいに、楽しくプレイできました。そういったものが苦手な人にも楽しめると思います。

 

ビデオ設定をかなり落とさないとフレーム送りになってつらいです。モノによっては影響が少ないのもあると思いますが、面倒になったので厳選していません。
(A8-7600, GTX750Ti, RAM 8GB)

 

さーて、真エンディング?目指していくぞ~~~。それと Apocalypse Edition だと DLC のストーリーもあるらしいので、そこも進めるぞ!

WatchDogs のメインストーリーをクリアした

最近はこたつにはまって、チョット前に Uplay でフリー配布していた Watch Dogs をしていました。
収集品を集めたり、ポリスメンとカーチェイスしてたりしたのですが、ようやくメインシナリオクリアしました。

やったことがない人だとわからないと思うのですが、これで背景はバグってないです。アニメーションしてます。

プレイ状況

最終的なプレイ時間はあとから確認できないようで、 Uplay 上の実績をベースに確認すると 12 月 3 日にハローワールドをして 12 月 29 日にログオフを解除していました。平日の半分くらいで 2-3 時間、土日に 4-5 時間くらいやっていたので、およそ 30-40 時間くらいでしょうか。

進行度としてはこんな感じ。収集品は途中で急に飽きが来てしまいました。。オンラインはオフにしていたのもあって、まったくやらず。

スキルはこんな感じ。ほぼフル強化。

評判を見ての通り、全体を通して善人プレイをしていました。潜在的な犯罪は楽しくやっていたのですが、けがさせないように早めに飛び出すとキャンセルされてしまうのもあって、なかなかうまくできていませんでした。

システムの侵入

システムへ侵入するとき、セキュリティを解除するために回線をつないでいくパズルは面白いアイデアだと思いました。ハッキングしたり〜なシーンを分かりやすく、それっぽく、プレイしやすく作るのってあんまりイメージなかったのですが、パズル化したことで、セキュリティ突破してるぞ感があってよかったと思います。
と、いうか、ガバガバセキュリティすぎやしませんか!?!?スマホポチポチやって乗っ取り、あるいは相乗りできるって…。まあきっと攻撃側の使ってるシステムが強力すぎるんでしょうね。

ストーリー

ストーリー面については公式サイトなどをちゃんと見てないのもあってか、バックグラウンドとか、なんでそんなハッキングするようになったのかとか、世界観的なものはちょっとわかりにくかったです。途中から収集品を集め始めたので ctOS や DedSec らへんの話が補完されて、なるほど〜〜という気持ちでした。
いくつかエンドのパターンがあるとロールプレイの楽しさも生まれてよりよいのかなーと思います。
全体ボリュームは結構満足な量でした。どちらかというと、メインストーリーを補完するような、ストーリー性のあるサイドストーリーがほしかったかなあ。フィクサー契約もギャング〜も悪いやつがいるから懲らしめよう!的なノリで、ストーリーに影響なかったなあーと。

リアルの世界で

全てがネットワークに繋がってて中央で集中的に監視するシステム・サービスがいて、スマホポチーでそれをハックして、銀行口座操作できたり盗聴できたり信号いじったり…。
現実味のあるんだかないんだか、面白いんですけど、逆に操作されてる側からしたらメチャメチャ怖い世界ですよね。

プライバシーもクソもない!!!

実際建物のあちこちに QR コード的なのあったら SNS なんかでめっちゃ話題になるよね、きっと。

 

実はウォッチドッグスにはカスペルスキーがシステムやセキュリティの面で監修に入っています。シナリオの正当性を評価したそうですよ。

Ubisoft社、「Watch Dogs」のシナリオ正当性評価を Kaspersky Lab JP

 

リアルな世界においては、DDoS なんかでサービス、サーバが落とされていたり、 SSH はもちろん様々なソフトウェアが狙われている昨今です。これが集中管理されるようなシステムになったら、もろもろの攻撃も集中しますし、トラフィックも集中しますし、運営したり開発したりするシステム会社クソ大変そうだなあと思う次第です。
住基ネット?マイナンバー?ある種そういったものを取り扱うようなシステムと似たようなもんなのかなあ。。そのあたりはあまりわからず。

 

ちなみに「ウォッチドッグス 現実」とかで検索するといろいろと面白いので要チェックです。例えば…

都市をハッキングできるか ― 『ウォッチドッグス』を都市インフラの専門家が検証 | インサイド
MR.RABBIT 聞いた事はあるけど、実際には見た事がないハッキングガジェット // Speaker Deck

 

余談ですけど ctOS の公式サイトがあるようです。ぱっと見はわからなかったけど DedSec がハックしてたりするんだろうか…?

CTOS

 

トータルして、めっちゃ面白かったので、ぜひ Watch Dogs 2 もやりたいなあという気持ちです。順番に積みゲーをやっつけていくので、そのうちやります。

ウィッチャー3のメインストーリークリア報告、あるいはプレイレポート

ウィッチャー3クリアしたよって報告。ネタバレを回避するぎりぎりを行く。

DLCなし。攻略サイトも特に見ていない。

総プレイ時間は105時間。一日2-3時間くらいでちまちまやったり、途中でモンハンやったり、マインクラフトやったり、いろいろしてて、プレイ期間半年くらいかかった。

 

難易度はストーリー+バトル。
たまに事故死したけれども水や肉をモリモリ食べて、クエンを張って。蘇生のスキルもあったのでそれで後半はほぼ死亡事故なし。なお転落死は何度もしている模様。意外と行けるだろって高さで体力がモリっと持っていかれるのよね・・・。

 

エンディング分岐はハッピーエンド・・・なのか・・・?一番大きなエンディングスタイル以外にも、そのあとに出てきたお話はこうなった、みたいな絵巻を見るとこっちの結末も選択肢次第では大きく変わったものになるんだろうな。ゲラルト本人は放浪の旅END。二兎を追う者は一兎をも得ず、とはよく言ったものだ。

(前作を知らないけれど、事情聴取の様子から)そもそもウィッチャーの世界でハッピーエンドという概念はない、だろう。誰かから見たらそれはハッピーなのかもしれないけど、もっと広い目で、あるいは別の視点でとらえるとそれは別にハッピーではないのでは・・・?

ストーリー中でも幾度となく、そういった選択肢が提示されていたように感じる。一方を生かすと後で怒られたり、報酬が出なかったり。良い方、良い方に行こうとしても、それが本当に良い結果に繋がるのかまったくわからなかった。もうちょっと具体例でいくと、人助けたわ~~~って思って後日その村に行く、ストーリーが進んでからいくと、崩壊したり敵対してたり、とかそういう。

 

サブクエストや収集品はほぼ回収した、と思う。掲示板やストーリーの過程で発停するサブクエストはすべて完了した。

序盤であった盗賊を馬で追いかけるクエストは失敗した、馬の操作になれていなかった。あとはクエストの過程で魔術師の○○○と道を違える結末になってしまった。ラブシーンも過ごした、敵対するべきではないキーキャラだったと思うのだが、上記のような、当たり障りのない正義感を貫こうとして失敗してしまった。

一部見つからない、地図が購入できてない猫流派の最高級は未回収。収集でいけばスケリッジの ごみ拾い 密輸品拾いが一番面倒だった・・・。船は事故るわドラウナーとセイレーンに囲まれるわ、もうやりたくない。

 

最終的な装備品はグリフィン流派の最高級一式と、猫流派の石弓。
武器にはゾリアのルーン大を全枠埋めて、凍結させながらガンガン押す。防具側はイグニの刻印大で、ファイアーー!燃やすか凍らすかどっちかにしろ感ある。

最終的な馬装備はゼリカニア一式で、ずっとグリフィン討伐の証をつけていた。凍結+流血+切断+炎上で、戦闘を楽にしていく気持ちの表れ。馬装備でいくと、早めの段階・・・、レベルにして15くらい?のときにゼリカニアの鞍袋を入手したので、重量にはほとんど困らなかった。

探索しまくって途中の商人や鍛冶屋で武器防具道具ほぼ全て売却していた。レリックの装備だけサブ用として持ち歩いてたが、資金が安定してきて修理道具が安定して持ち歩けるようになってからは不要だった。それでも一応倉庫に貯めたけど、飾る場所もないしなあ・・・。

道具や素材に関して、クリアしてからのことを話すと、商人や鍛冶屋、薬草医から購入することができ、集めることは不要だった。チェストなど、拾った素材に関して、あまりにも高いもの(宝石の類)やモンスターのドロップ素材以外は全売却でいいんじゃなかろーか。

 

クリア時のレベルは 35 でステ振りはこんな感じ。

  • 戦技
    • 小攻撃をフル強化
    • 反撃 3
    • 反射神経 3
    • 冷血 2 (使ってない)
    • 不屈の精神 5
    • 蘇生 5 (めっちゃ助けられた)
    • 精神集中 5 (蘇生とのコラボ狙い)
    • 防御力消失 5
    • 火流 3(使ってない)
    • 幻惑 3
    • 操り人形 3(装備したけどほぼ使ってない)
  • 錬金術
    • なし
  • 全般
    • 憤怒 1 (序盤だけ使用)

赤枠が3つ、青枠が1つで、印力+40% 攻撃力+120% になった。力の場もすべて回収した、はず。

 

戦闘に関しては、霊薬を飲まない+爆薬もほぼ使わない、圧倒的パワースタイル(でも装備は熊流派ではない)というスーパーゴリ押しスタイル。パワースタイルならもっと戦技を洗練して選び、装備も熊流派にするべきだった。

 

グウェントは途中から本気出してカード集めしたらもりもり勝てるようになった。北方領土デッキにヒーロー集め、おとりと医師で諜報員を並べ、気候と笛、ダンディリオンのバフて差をつける、みたいな戦術だった。途中でカードの収集具合によって、スケリッジ、ニルフガード、ワイルドハントも使った。

スケリッジは集合すると 5x3 くらいあつまって、一気に戦力差を作れる。そこに笛を吹けば優秀。天候が先に置かれていてもこちらが後出しなら近接と間接が切り替えられるので有利に事が運べる。

ニルフガード、引き分けて勝利できるので泥試合に強かった。意外と攻城10とか強カードがいる、諜報員多めってところで、火力と焦土作戦のコントロールが勝利のポイントだった。

ワイルドハントについては圧倒的集合力。カードが揃うまであまり強いと思わなかったが、吸血鬼、アラキス、妖婆が一気に揃うと 4x3 + 4x3 + 6x3 (取れていないカードもあるのでもうちょっと伸びるかも?)が並ぶ。さらに指導者で笛が吹けるので、一瞬にして100が見える。敵にやられるとクソゲー化も辞さない。近接ばかりなので冬将軍をされると厳しいが、数で押す。または意外と間接・攻城にも6-8が鎮座するので戦える。場にランダムな1体が残るのも非常に強力で、1-2ラウンドの出し方を調整すれば優位に事が運べる。

最後に北欧。刺青隊を3人並べるとそれだけで 12x3 という強力なユニット。ヒーローがいないと攻城がメイン火力になりがちだったので、天候操作のタイミングが結構重要だった。特にいうことないや。

 

まとめとして。

プレイ前は60時間くらいで終わるかなあ、と思っていたのが、とても良い意味で覆された。思っていた以上に豊富なサブクエスト、宝探し、討伐によって、終始飽きることのない冒険物語を楽しむことができた。

これは完全にロールプレイの問題なのかもしれないが、多様な見た目の多くの装備品があるのに、それを強制されず、中盤くらいからずっとウィッチャー装備・グリフィン流派一色で、ドロップ品がもったいなかった。もっと武器防具の耐久力の減りが高く、なんなら使い捨て生活でもよかったんじゃないかなあという気持ち。

システム上の面倒ポイントでいくと、圧倒的に小舟とオイル。特にスケリッジのゴミ収集の成果、小舟はもう乗りたくない。もうちょっと快適に収集できればなあ・・・。オイルもかなり面倒だった。敵ごとに分けて塗るのはとても面白いが、大体敵の種類を調べて、塗っていく。後半は幽鬼や飛竜はさほど問題ではなく、エレメンタルなどの精霊種が固くて面倒だったので、結果オイルは精霊ばっかり。

オイルについてはロールプレイの問題で、俺が、俺たちがウィッチャーだぞ!!!!って言ってプレイするべきポイントなんだろう。クエストでは自動的に目標として本を読めよ!とか、モンスターの情報を見ておけよって促されたり、足跡を見ていい感じに判断しているけど、本来のプレイする人がウィッチャーであればそれもプレイヤーが判断するべきだし、敵の種別も知っているべき。だからそれに応じてオイルも塗分けるべきなんだろうな。

エンディングがどうであれ、最初から最後まで、俺のウィッチャー像を貫き通すべき。完全にロールプレイして楽しむゲームだろうって思った。助けるなら助ける、倒すなら倒す。そこにとやかくといった話はなく、一貫した考え方や愛のありどころをもって、住民をはじめ、ゲラルトの仲間たち、各組織に属している人たちと会って、話をしていくべきなんだと思う。

僕の場合は、そこそこできていたが、それは中盤~後半にかけて。序盤から中盤はぶれてしまい、ゲラルトはいったいなんなんだ・・・?みたいな気持ちになっていた。どのタイミングかはわからないが、「人助けをなるべくする、無理ならしない、それによる別の被害が起きても気にしない、シリは過保護にせず彼女のやりたいように、気持ちを上げていく」というような気持ちで全体プレイをするようになってからはゲラルトが定まった。それによって女たらしみたいなゲラルトが出来上がったわけだが、それはまあ、それ。

そんなこんなでウィッチャー3はオープンワールドのロールプレイングゲームとして激推しする。その手のゲームが嫌でなければぜひ一度遊んでみたほうが良い。 Fallout やエルダースクロール、 GTA 、セインツロウあたりがハマるような人であればウィッチャー3もハマること間違いなし、サンプル数は1、僕がそうだったから。

ちなみにウィッチャー2など前作プレイ経験はまったくなかったがほとんど問題なかった。一部だけ、昔話が出てきて????となったが、ストーリー上大きな問題ではないだろう。前作プレイ経験があると、それ以上にもうちょっとだけ楽しめるのだと思う。

Minecraft をやり始めて、サーバを立てて、ここまでのまと

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

新規に工業で遊び始めました。
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


こんにちは。ごみばこです。

半年くらい前から嫁と2人でふわーっと Minecraft をやり始め、サーバや mod をあれこれいじくり回ってきたので、ここいらでいっかいまとめておこうかと思います。

 

Minecraft の始まり

始め方や細かい情報 wiki に乗っているのでそちらを見てもらうとして。

Minecraft Japan Wiki - Minecraftトップページ

そんなこんなで Minecraft の準備が整い、ローカルでぽちぽちやっていましたが、毎回サーバ上げて、っていうのはどちらかがいないときに面倒だよね、ということになりサーバを別途用意することにしました。以前 Terraria も2人でやっていたということもあって、それ専用で使っていた CentOS7 なサーバがいるので、これをそのまま利用することにしました。

ちなみに Minecraft サーバ とかでググると「物理サーバを自宅に用意しよう!」「UPSやNASを使って~」「メモリが~」「batファイルを作成して」とかって書いてあって、なかなか激しいなって思いました。と、いうかこのせいでググっても英語情報ばっかりで(これはこれでわかりやすいものが多くてうれしいけど)、あまり参考になるような情報と出会うことも少なかったということも併記しておきます。もっと Linux やろうぜ。

 

MC 1.10 Spigotの利用

Minecraft を始めたとき、バージョンは 1.10 でした。

MOD にも魅力を感じていたところですが、クライアント側で用意するの面倒じゃんね、とか、いやいや、意外とサーバ側だけでもできるんちゃう?というところから調べていると(もとい Wiki を眺めると)、Spigot というよさそうなものがあるではありませんか。

SpigotMC - High Performance Minecraft

導入手順は wiki と公式サイトに書いてある通りで、まあ、そんなに難しいものでもなく。と投げっぱなしもあれなので簡単に説明を書いておきましょうか。

 

Spigot は Bukkit と呼ばれる Minecraft サーバをもとに作られたもので Bukkit プラグインもそのまま利用できます。Bukkit は DMCA 問題(配布するプログラムに Minecraft 公式の持っている著作権的な云々が絡んでいる)があり、Spigot も同じように影響を受けています。そのため、ソース(とビルドツール)が配布されているので、これを自分たちでビルドすることになります。

ビルドする方法は以下のページを参照してもらえばよろしくて。

BuildTools | SpigotMC - High Performance Minecraft

これまたちなみにですが、このくらいの英語なら Google 翻訳片手に戦えるはずなので、やろうと思っている人は頑張って戦おうね。投げっぱなしは鯖管としてどうなんかなーとか。(ググるとそんな人たちももりもり出てきてアレ)

 

そんなこんなで Spigot サーバが立ち上がり、常時稼働しながらちょっとずつプラグインを入れていきました。最終的には以下のようなプラグインが入っていました。

MOD名 ざっくり説明
AutoSaveWorld ワールドのバックアップを定期的に取る
BlockHat 手に持っているブロックを頭に被ることができる
DTools 3x3 を処理できる強化型のつるはし、斧、シャベルを作成できる
FarmProtect 開墾した土地の上で走るジャンプするしても大丈夫にする
GlassDropper ガラスが割れずにドロップする
HealthBar Mob の頭上に体力ゲージを表示する
Multiverse-Core Multiverse プラグインの前提プラグイン
Multiverse-Portals 別ワールドに移動できるポータルが作れる
Multiverse-SignPortals 別ワールドに移動できる看板が作れる
Original-Double-Jump 空中でジャンプができる
PacketListenerAPI 前提プラグイン
PermissionsEx 権限管理。後々を考えてはいたが、まずは身内だけなのでフル許可!
PetOwner ペットの所有者を変更できる
ProperTime 時間の流れを制御できる
ProtocolLib 前提プラグイン
RampenDrills 指定の組み合わせでブロックを組み立てると走行するドリルが出来上がる
SimpleSort チェストを棒でたたくと中身をソートできる
TreeAssist 繋がっている原木を一括で刈れる
Vault 前提プラグイン
WorldBorder ワールドに境界線を設定できる
XPKeeper 経験値を貯めておける看板が作れる
dynmap Web で地図を見れる
dynmap-mobs DynMap に Mob 表示機能を追加する

 

いろいろなプラグインを見ていると、もはやそれチートだよねとかっていうものもある中で「バニラ環境(何も拡張を入れていないドノーマル状態)からは便利になるけど、チートにはならないように。ゲームバランスぶっ壊れないように」というところだけは気を付けていました。

「3x3ツール作れるけど、3倍の素材が必要で、耐久力は通常の3倍どころか、1.5倍程度」

「2段ジャンプできるけど、その分おなかが多く空いてくる」

などといった具合に、バランス調整をしていました。

 

しばらくはこんなで、ワールドを増やしてポータル作って飛んで遊んだり、なんてしていました。

 

が!!!!!

やはり、実況動画を見ていると、工業mod にも憧れをもつところです。

 

めっちゃ調べたのですが、やっぱり Spigot や Bukkit などでは追加ブロックはできないということで、なくなくあきらめて forge に移行することを決めました。

ちなみに、情報があまり多くないですが Slime Fun という Spigot で使える工業的なものもあります。こいつもいろいろ調べてみて検討はしました。結果としては、ビルド系のプラグインの RampenDrills で体感したのですが、既存ブロックを組み合わせて配置すると、何かのメカニズムが動くよ!というものがどうも難しいねっていう話になり、あきらめることにしました。

 

MC 1.8.9 Forgeの利用

Forge は Minecraft そのものを拡張していくようなタイプのものになります。原理はよくわかんないんですけど、 Minecraft の jar を読み込んでいい具合に展開して上書きしていくんですかね。マルチプレイヤー時には、サーバ側とクライアント側で基本的には同じものを入れる必要があります。その中でもサーバ側だけで動くもの、クライアント側だけで動くものがあったりします。

Minecraft Forge

 

Forge 自体は 1.10 にも対応していたのですが、「工業mod をする」という前提で調べると一番近いものではどうも 1.8.9 になるようでした。また、移行するにあたり、今まで動いていたものはなるべくそのまま使いたいなあという思いもあり、それができる Sponge というものがあるのですが、それの対応も 1.8.9 以降だったのでちょうど都合よくいけそうでした。

Sponge は Forge の上で動く mod になっており、Spigot の API をいくつかエミュレートして、同時に Spigot 側の有名なプラグインたちを Sponge 向けに移植するようなこともしているそうです。つまり Sponge を使うことで、Forge の上で Spigot プラグインが動く!(ようなもの)が出来上がります。

Sponge - Minecraft Modding API

 

ここでちょっと用語を整理すると、Spigot や Bukkit などで拡張するためのものは「プラグイン」と呼ばれていて、Forge では 「mod」と呼ばれています。ちょっとややこしいですね。

 

プラグインの移行については、ちょっと古いですが下記のスレッドを見たり。

Plugins to be ported! - Plugins / Plugin Requests - Sponge Forums

どうしてもないものもあったりしたので一部あきらめたりもしました。
結果として、以下のような プラグイン、mod になりました。

MOD名 ざっくり説明
DoubleJump Sponge プラグイン。Original-Double-Jump の Sponge 版。たぶんこれ → DoubleJump Plugin - Plugins / Plugin Requests - Sponge Forums
Dynmap Web 上で地図が見れる mod
Hammerz 3x3 ピッケル mod
InventoryTweaks インベントリの整理 mod
TreeDestroyage Sponge プラグイン。 TreeAssist の Sponge 版
buildcraft 工業 mod
pex Sponge プラグイン。 PermissionsEx の Sponge 版
projectportals Sponge プラグイン。 Multiverse-Portals の Sponge 版
projectworlds Sponge プラグイン。 Multiverse-Core の Sponge 版
spongeforge Sponge 本体

だいぶ数が減りました。

Forge では利用する Forge や mod のバージョンはサーバとクライアントがすべてバージョンが揃っている必要があります。(要出典)その都合もあって、DLリンク を準備したり zip にまとめたりして、簡単に指定バージョンを集められるようなものを提供していました。

参考程度にですが Forge は forge-1.8.9-11.15.1.1890 を利用していました。

 

移行するものはプラグインだけでなく、ワールドもあります。

Spigot と Forge とでフォルダ構成が違ったりするのですが、Sponge を入れていると、Spigotの設定をみていい具合に設定ファイルやワールドをうまく移行してくれます。って、書いてあったのですが、うまくできなく、結局ワールドについては、自分のPC上で新しく作ったワールドのフォルダ構成と目比べしながら、手作業でフォルダ移動して設定を合わせていきました。

実際のサーバ上の移行については、いきなりえいやーではなく、自分のPC上で何度か確認してこれでオッケー!という状態で、実際のサーバ上の反映をしていきました。そのおかげもあり、特に大きなトラブルなく、Spigot から Forge + Sponge 環境へ移行することができました。

 

しかし、工業を楽しもうとし始めたころ、急に Minecraft サーバが重くなったり、落ちるような現象が多発するようになりました。サーバが重いながらも、プレイヤーの移動はできるので、既存ワールドの光景を見て回ると、ある村が工業で追加された「クァーリー」だらけになっていて、こいつが原因となって重くなっているようでした。

Minecraft はバージョンによって利用しているブロックの ID が異なることがあるそうで、 1.10 のあるブロックの ID が 1.8.9 の buildcraft で追加されたクァーリーの ID と被っていたために起きた現象でした。

MCEdit と呼ばれるマップ編集ソフトがあったりするので、個別に対応していくこともできたのですが、どこまで影響が出ているかわからなかったのもあり、泣く泣く既存ワールドをあきらめて、新規に始めることにしました。

 

新規ワールドでもクァーリーを動かして、もりもり掘削し始めるくらいには資源や環境が整いつつありましたが、そんなとき、これまた突然に Minecraft サーバが高負荷になり、反応が遅くなることが頻発するようになりました。

特に新しい mod を入れたわけでもなく、なんのことなしに、急に重くなったので原因もすぐにはわからず…。

Sponge で追加されるコマンドの中に /sponge timings report というものがあり、これを実行すると外部のサーバに Tick の詳細が送られ、分析レポートを見ることができます。

 

そもそも Minecraft の世界では、その世界の時間や処理を進める Tick というものがあります。これはサーバパフォーマンスに問題がなければ 20回/秒 ほどの速度で実行されていくと言われています。

サーバの動作がめっちゃ重たいということは、この Tick の中で何かしらの環境や mod が影響を及ぼしているものだと判断ができます。

例えばよくある話(要出典)を挙げると、水を高いところから大量に撒くとサーバが重いとか、大規模なトラップタワーを作ったり、レッドストーン回路を大量に作ると大変だとか。これらは、水やレッドストーンなど、プレイヤーや mob の動きに関係なく更新しなければいけない状態が多数あるために、1回の Tick でやることが増え、結果としてサーバ負荷が上がっている、というところになると思います。

 

というわけで、Tick の中で何が起こっているかの判断ができれば、原因となる mod や 環境がわかるのでは?と思い実施しました。すると以下のようなレポートが出来上がりました。

これを見ると buildcraft|core:bcresizcuboid が Tick 上で何か悪さをしていそう、ということが分かったので、実際にどこにいるのかを MCEdit で探しました。すると Buildcraft のポンプの部分にこの bcresizcuboid エンティティがくっついていることが分かりました。MCEdit 上でこのエンティティを消し、再度サーバに上げると特に問題も無さそうなほど快適な工業生活を再び迎えることができました。

が、この平穏な生活も長く続かず、やはり同じ問題が再発しまくるようになっていました。原因はポンプではなくて、そもそも Buildcraft なのでは?と思うようになり、安定版である 1.7.10 対応のことを考えるようになりました。それに合わせて、Buildcraft 以外にも Forestry for Minecraft や 豆腐Craft など、他の mod にも手を出してみたい、という話もあり、これもまたちょうどよいタイミングなので、思いきって移行していきます。

 

MC 1.7.10 Forge の利用

MC 1.7.10 では Sponge を利用することができません。代わりに Forge 上で動く mod ですべて行っていく必要があります。
まずは使いそうな mod だけ選んでいってみて、こんな感じです。

MOD名 ざっくり説明
BedrockLayer 岩盤を平らに整地してくれる
CodeChickenCore NotEnoughItems で必要な mod
CraftingEX 複数の mod で重なるレシピについて選んで実行できる
CutAll 木こり
Hammerz 3x3 ピッケル
InventoryTweaks インベントリ整理
MoSkeletons スケルトン追加
NotEnoughItems レシピ確認(チート無効)
SmashBatsMod 敵を吹き飛ばすバット
TofuCraft 豆腐もぐもぐ
buildcraft 工業
coroutil MovePlus で必要な mod
forestry 工業 + 農業 + 養蜂
moveplus ダッジ、二段ジャンプ

ポータルや地図はなくなりました。まあいいかなと。そんな頻繁にポータル作るようなわけでもないので。そのうちでいいので、資源ワールドとかあったら便利だなーと思う程度なので、その時にまた調べて導入したらいいかなあと思っています。

 

さすがに移行も2回目になると、ワールドがだめだろうな、という予想もついています。実際にそのまま持っていくと、パイプが謎の液体に代わっていたり、木の柵が何かの工作機械になっていたりと、完全に使い物にならなくなっていました。というわけで、このワールドもポイして、新規ワールドです。逆に mod も入れ替わったりしているので、そっちのほうが資源を探しやすかったりして、都合がいいのです。

いまのところ、まだ鉱石があまり掘れていなくて、がっつり工業!とか豆腐!とかってほどじゃないのですが、順調に資源が集まりつつあり、これからの光景が楽しみです。1.7.10 でやっている人も多いようなので、きっと大丈夫だろうと思ってます!

 

おわりに

Minecraft を初めて半年くらい経ちました。これまで 1.10 → 1.8.9 → 1.7.10 とバージョンを変更してきて、それに合わせてサーバ環境も Spigot → Forge + Sponge → Forge と移り変わりました。不具合的なこともありましたが、やりたいことをベースに移ってきて、実際にやりたいことができていて、とても満足している状態です。

結果、Forge やるなら 1.7.10 にしておこう!という気持ちです。

 

最近はいろんな人の mod を見てたりして、自分も何かやってみたいなーと思っていたりします。mod 作るのは Java かーと思いつつ Scala や Kotolin が使えるとの情報もあって、どんな mod を作ろうかなーとワクワクしています。出来たらどこぞにこっそりと上げていこうかなーと。

というわけで Minecraft な生活はこれからもしばらく続きそうです…!

 

おまけ

今の使っているスクリプトをくっつけておきます。
参考程度にどうぞ!

// ★start.sh
// 初回起動用スクリプト
// screen コマンドを使ってシェルスクリプトを起動する

#!/bin/sh
cd "${0%/*}"
screen -AmdS minecraft-server-forge17 ./start_forge_server.sh
// ★start_forge_server.sh
// 常時起動スクリプト
// screen コマンド内で動き続けるスクリプト。
// minecraft が落ちてもこのスクリプトが生きていれば60秒後に再起動する。
//
// java のオプションとして以下のものを設定
//   メモリ割り当て:1GB
//     -Xms1G -Xmx1G
//   よりよいGC機能の利用
//     -XX:+UseConcMarkSweepGC
//     -XX:+CMSIncrementalPacing
//     -XX:ParallelGCThreads=3
//   最適化フラグの有効
//     -XX:+AggressiveOpts

#!/bin/bash

while true; do
    echo "Starting the server"
    java -Xms1G -Xmx1G\
         -XX:+UseConcMarkSweepGC \
         -XX:+CMSIncrementalPacing \
         -XX:ParallelGCThreads=3 \
         -XX:+AggressiveOpts \
         -jar forge-1.7.10-10.13.4.1614-1.7.10-universal.jar nogui

    echo "Waiting 60 seconds before starting the server again"
    sleep 60
done
// ★attach.sh
// screen に接続するためのスクリプト
// 毎回 screen コマンドやるのも嫌なので…

#!/bin/sh
screen -r minecraft-server-forge17
// ★cron_forge_server_restart1.sh
// crontab によって毎朝09:00に起動される
// サーバを落としますよーという告知

#!/bin/bash
screen -S minecraft-server-forge17 -p 0 -X stuff "say Restarting the server in 1 minutes^M"
// ★cron_forge_server_restart2.sh
// crontab によって毎朝09:01に起動される
// なんとなくスッキリしたいので minecraft を強制終了している

#!/bin/bash
ps ax | grep java | grep -v grep | awk '{ print $1 }' | xargs kill -9
1 2