技術的な話題   


タイトルそのまま。

// たぶん mysql 5.7 がプルされる
// が、わからんので DockerHub を要確認
$ docker pull mysql:latest

// mysqlコンテナの起動
//   オプションについて
//     -e    : 環境変数
//     --name: コンテナ名
//     -d    : バックグラウンド
//     -p    : ポートバインディング(ホスト:ゲスト)
//   環境変数について
//     MYSQL_DATABASE     : 作るデータべース
//     MYSQL_USER         : 作るユーザ
//     MYSQL_PASSWORD     : 作るユーザのパスワード
//     MYSQL_ROOT_PASSWORD: ルートパスワード
$ docker run --name my_mysql \
  -e MYSQL_DATABASE=homestead \
  -e MYSQL_USER=homestead \
  -e MYSQL_PASSWORD=secret \
  -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=secret \
  -d \
  -p 13306:3306 \
  mysql

// 接続確認
//   -h : ホスト名
//   -P : ポート番号
//   -u : ユーザ名
//   -p : パスワードを入力するプロンプトを出す
$ mysql -h 127.0.0.1 -P 13306 -u root -p

記事書くときに Docker Hub を確認したら 5.7.19 が latest で指定されているっぽい。というか 8.0 系も指定できるのか、検証なんかにも便利そうだ。

library/mysql - Docker Hub

でもって docker で MySQL が立ち上がると、こうさ、ほら、ユニットテスト回すときなんかに、こうしてクリーンな DB を提供できてよさそうだなーって。
イメージとしてはこんな感じ。

{
    ...
    "scripts": {
        "test": "phpunit --verbose",
        "docker-test": [
            "composer docker-db-remove"
            "composer docker-db-create",
            "composer test",
            "composer docker-db-remove"
        ],
        "docker-db-create": "docker run --name test_mysql -e MYSQL_DATABASE=homestead -e MYSQL_USER=homestead -e MYSQL_PASSWORD=secret -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=secret -d -p 13306:3306 mysql",
        "docker-db-remove": "docker rm --force test_mysql",
        "docker-db-connect": [
          "#  Copy this command!",
          "#  mysql --host=127.0.0.1 --port=13306 --user=homestead --password=secret homestead"
        ]
    },
    ...
}

composer docker-test とやったらコンテナが立ち上がり 127.0.0.1:13306 で待ち受けているので、そこを指定するように phpunit.xml だとか .env だとかで DB 接続用の値を設定すればよい。テストの後はコンテナがポイされるので、テスト用のDBはいつでもクリーンに。テストでコケても大丈夫なように、最初にコンテナをポイしたほうがいいのかな。

composer スクリプトで I/O を全部引き渡す方法がわからなかったので docker-db-connect タスクが非常にあやしい感じだけど、これくらいでもまあまあ運用していけるんじゃないかなーー