nginx のアクセスログを LTSV にする

アクセスログ LTSV が便利だよって聞いたので設定するだけ設定した。
活用するのはこれから。

そもそも LTSV って? Labeled Tab-separated Values (LTSV)

Labeled な TSV だそうで、タブ区切りで処理するときにラベル付いてるので 1 番目が〜2 番目が〜みたいなことをしなくて便利。

そのサイトにもやり方がざっくり書いてあるが、いったん全部入りでこうした。
量多すぎて辛かったら一部捨てる感じで。

log_format main "\ttime:$time_local"
    "\thost:$remote_addr"
    "\tforwardedfor:$http_x_forwarded_for"
    "\tuser:$remote_user"
    "\treq:$request"
    "\tmethod:$request_method"
    "\turi:$request_uri"
    "\tprotocol:$server_protocol"
    "\tstatus:$status"
    "\tsize:$body_bytes_sent"
    "\treqsize:$request_length"
    "\treferer:$http_referer"
    "\tua:$http_user_agent"
    "\tvhost:$host"
    "\treqtime:$request_time"
    "\tcache:$upstream_http_x_cache"
    "\truntime:$upstream_http_x_runtime"
    "\tapptime:$upstream_response_time"
    "\tmsec:$msec"
    "\tproxy_add_x_forwarded_for:$proxy_add_x_forwarded_for"
    "\tscheme:$scheme"
    "\tstatus:$status"
    "\tupstream_addr:$upstream_addr"
;
access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

この記事はどうでしたか

前後の記事

Next:
Prev: