工業的 Minecraft プレイ日記 #13 / デジタルマイナーで鉱石採掘の自動化

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


Mekanism にはデジタルマイナーという機械があり、Buildcraft のクァーリーなんかと違って更地にするわけではなく、自動で鉱石(というか指定したもの)だけを掘ることができます。さらに、シルクタッチで採掘することができたり、掘っただけでは空間になってモンスターがスポーンしてしまうのを防ぐために、そこを丸石で埋める設定にもできます。

ということで丸石製造も始めました。
こちらは Extra Utilities 2 の Mechanical Miner を使います(紛らわしい)これは目の前を掘ってくれるやつです。掘ったものは適当に吐き出されるので Storage Drawers で同じく Extra Utilities 2 の圧縮丸石にしておきます。

拠点近くばかり掘っても限界がすぐ来るので、遠くの土地でひたすら掘ってもらえるように Mekanism の量子もつれ転送機も作りました。
これは電気、アイテム、液体、ガスなどなど Mekanism で扱えるものはすべて遠くに転送できるすごいやつです。

しばらく動かしてみて気づいたのですが、どうやら丸石で埋めることが出来ていないようでした。設定の問題か搬入の問題か…。
まあ遠くの土地なので、拠点からはスポーン範囲外ですし、放置でいいか。

そして、いざ動かし始めると、電力が足りなくなってきていることに気づきました。タイミングよく全設備が同時に稼働するとかなり消費されるので、在庫がすぐ空っぽになってしまいます。とはいえ全設備が常時稼働し続けるわけでもないので、余剰電力をできるだけさらに貯められるように、今後の発電機にも対応するべくインダクションマトリクスも作りました。

ミニマムで作っても 1GJ も入るので、一気に技術革新した感じがあります。

つづく。

この記事はどうでしたか