工業的 Minecraft プレイ日記 #6 / 小話:溶岩るつぼ、スライムの

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

目次的なもの:
工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


溶岩るつぼ

発電できたり、素材にしたり、何かしらに使うと思うので、溶岩をストックしておきたいなあと思いました。

調べてみると Thermal Foundation で溶岩るつぼという、溶岩を作る機械があるようです。

こういうベーシックな機械の土台が必要みたいです。これはすでにある鉱石から作れるので OK

そしてこっちの部品。
エレクトラムという鉱石が必要で、それは砕いた鉱石を混ぜて、かまどに放りこむとできるようです。


というわけでできました。

電力が必要ですが、ネザーラックから溶岩を生成できるので、無限に溶岩を作ることができそうです。

スライムの木

以前ネザーに行ったタイミングで、見つけていました。

  

持って帰ってきて、ネザーで見つけた土の上に苗を植えたらいつの間にか生えていました。
4 つくっつけている理由は特にありません。

このときの木の部分になるブロックを加工すると、スライムボールと同様に使えるものになるので
スライムを探さなくてもスライムボールが量産できるようになりました。

つづく。

この記事はどうでしたか

前後の記事

Next:
Prev: