Inspector拡張の話、MFUのコンフィグの

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古い可能性があります。

参照: http://sourceforge.jp/projects/mmd-for-unity/scm/svn/commits/149
※r149が最新のコミットでもリリースされたものでもないので間違いないようおねがいします。

 InspectorBase.cs で [CustomEditor(typeof(Object))] を引っ掛けて、PMDInspector/VMDInspector に振り分けています。もし、他のスクリプトなどでも [CustomEditor(typeof(Object))] を使っている場合は、どちらかが動かなくなってしまうので、動かさなくてもいいほうをコメントアウトするとよさそうです。
 そのために、InspectorBase.cs の先頭あたりの#defineの1行をコメントアウトするだけで、InspectorBase.cs全体を無効化することができます。

 PMDInspectorでは、PMDLoaderWindow相当の機能を提供しています。EditorGUILayoutを使ってGUIを組んで、PMDLoaderScriptに投げているだけですけれども。

 VMDInspectorも大体同様で、VMDLoaderWindow相当の機能を。こちらもEditorGUILayout使ってGUIを組み上げ、MMDLoaderScriptに投げています。


 ここまででInspectorの話はおわりまして、追加してみたMMD.Configの話を。

 作った経緯としては、何度もインポート作業をするような場合、設定が毎回リセットされててつらぽよーとかなりそうなので作りました。ほんとうは、Inspectorを使うか使わないか、の設定を載せたかったのですが、そんな高等なことはできなさそうだったので無しです...

 中身は、ScriptableObjectを継承したConfigクラスを中心に、あとは保存したいフィールドを用意しているだけです。なので、あとで設定が増えた、項目が変わった、といったことが起きても対応しやすい、と、思います。

 Inspectorで表示したり共通設定を用意したりと、のために ConfigBase というクラスを用意しており、これを継承することで折りたたみがついているGUIを形成できます。やっていることは簡単なので、継承しなくてもいいと思いますが...(決してラムダ式を使ってみたかっただけ...ではないですよ、決して。ええ、戻り値をboolにしても行けますけど、まあ、はい。)

 で、Configクラスのメンバで、このConfigBaseを継承したクラスを放り込むことで、保存、読み込み、Inspector表示、ができるわけです。

 どこかで使うときは、Config.LoadAndCreate() で、得られます。

// Sample: PMDLoaderWindow
20 public PMDLoaderWindow()
21 {
22     // デフォルトコンフィグ
23     var config = MMD.Config.LoadAndCreate();
24     shader_type = config.pmd_config.shader_type;
25     rigidFlag = config.pmd_config.rigidFlag;
26     use_mecanim = config.pmd_config.use_mecanim;
27     use_ik = config.pmd_config.use_ik;
28 }

 保存は意図的に行わなくても、多分大丈夫です。多分。
 Config.csと同じフォルダにConfig.assetとしてバイナリが保存されます。
 Config.csファイルが他にもあると、そっちに保存されてしまう可能性があります。という部分だけ注意をしていただければ....(直したい

 あとは....r149で追加したものはすべてMMD名前空間に放り込みました、というぐらいですか。
 思えば、MMD.Editors とかの名前空間の方がよかったかも..?

 他は...とくにないですかね。
 追加したInspector周りにバグがあるっぽいので、上の件と合わせて検証して直します。

前後の記事

Next:
Prev: