技術的な話題    trashbox /


管理シート、複数の人が編集して担当者設定していく〜みたいな使い方をしたいんだけど!!!って言われたので…。

そもそもとして、スプレッドシートには変更したよ!の通知メールを送ることが出来る。

しかしこの機能はドバーっと送るためのもので、例えばこう、担当者が誰になって、このセルが入力されたときに、誰と誰に送る、といった複雑な処理が必要な場合には使えない。そういったときに Google App Script の出番だ。

Google App Script

Apps Script | Google Developers

GAS は端的に言えば現代におけるサーバレス、 AWS Lamda のようなもので、プログラムを Google ドライブ上に置いて、さまざまなトリガーで起動出来る。cron のように定期的に実行したり、 Google Docs と連携して操作が行われたときに実行したり、はたまた Web サイトとして公開することだって出来る。

今回はその中でも、スプレッドシート内のセル値が変更されたとき、に実行する。

というのが無料で出来るんだからグーグルってばすごい。

スプレッドシート x GAS

手順としてはこう。スプレッドシートからスクリプトエディタを開くだけ。

今回やりたい、変更されたとき、という設定はこのように行う。

GAS から通知を送る

メールなら MailApp というクラスが用意されていて、それを呼ぶだけでメール送信ができる。あるいは Slack などの Webhook な振る舞いを実行するなら UrlFetchApp というクラスを使う。どちらにしても用意されているので簡単だ。

Class MailApp | Apps Script | Google Developers

Class UrlFetchApp | Apps Script | Google Developers

とりあえずメールについてのソースとしてはこんな感じ。

function myFunction() {
  // スプレッドシートを取得
  var activeSheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  
  // セル範囲を取得
  var activeRange = activeSheet.getActiveRange();
  
  // メール送信
  var text = '';
  text += activeSheet.getName() + ' の ' + activeRange.getA1Notation() + ' が 変更されました\n';
  text += '新しい値: ' + activeRange.getValue();
  MailApp.sendEmail('....@.....', 'メール通知のテスト', text)  
}

これで設定したセルが変更されたとき、設定された方法で通知を送ることができる。 GAS 便利ちゃん。

便利ちゃんなのだが、メールを送るにあたって注意点がある。自分の持っている、認証されているメールアドレスからのみで送信できる、という話で、適当なメールアドレスからは送れないよというもの。通知としてのメール送信なら Slack 等のチャットの API を実行したら良いんじゃないかなあ。