技術的な話題   


Rx 云々を見かけるたびに Web でそんな出番ないような…?非同期やすとりーむや配列的なのをよろしくするやつ?と、もはや知ることを放棄していて。今頃もったいないなーと思ったので、改めてちょっと調べるの巻。

Rx について

ReactiveX - Intro

オブザーバーパターンを拡張したもので、シーケンスなデータやイベントをサポートするため、スレッドやノンブロックIOとかを抽象化して組み立てることができる。オブザーバーパターン = 監視する人と通知する人がいるよー、というイメージでとりあえずはよい。

Promise について

JavaScript Promiseの本

非同期処理を上手くパターン化して書くための、統一的なインターフェース。ここではオブザーバーという話はない。 コードを見ても、非同期を取りまわすためのいい感じのインターフェースである、というイメージ(個人の感想です)

Rx とPromise はどう使い分けるとよさそう?

いくつかサイトを眺めてみて。

JavaScriptの非同期処理には何を使うべきか - Qiita
State, Promise & Reactive プログラミング
What are the differences between observables and promises in JavaScript? - Stack Overflow

で、 Stackoverflow の回答が結構それっぽいのかなあと。

Simply put: A promise resolves to a single value asynchronously, an observable resolves to (or emits) multiple values asynchronously (over time).

ざっくり訳すと。

Observable (= Rx として) は多数の非同期を継続的に処理したい
Promise は単発の非同期処理をしたい

なので。

Rx は配列操作とか、画面操作とか、とかと相性がよい
Promise は単発になりがちのもの、外部呼出し(Ajaxとか)と相性がよい

このボタンおしたら Ajax して、待機状態にして、結果が来たらここを書き換えて、イベント設定して、… なんてものは Rx と Promise を組み合わせるといいのかもしれない。が、昨今のフロントエンドにおいては Flux なんかでライブラリの中でよろしくやっていることが多いので、あえて開発する人が関与していくことは少ない…?

どちらかというとアプリ系で Rx が盛り上がってる気がしていて、 Web フロントではそうでもないような…。どっちも知識薄くてわからんのだけど、言語が違っても画面とロジック、裏でデータがほいほい、みたいなことってどちらも一緒のことだと思うんだけど、その差はなんなんなん?