生きる   


プロポーズはおととしの 12 月にしていて、入籍は昨年 4 月にしていて、お金や時間の都合で時間差、今年の 5 月くらいに結婚式を挙げてました。

あ、結婚式の日に結婚式なう~~~みたいなツイートしそこねた…。

当然ながら人生初の結婚式だったわけですが、いわゆるホテルウェディングとか、神社でーとか、そういう形にはしませんでした。

株式会社 CRAZY がやっている、コンセプトや内容、演出などなど、1 からウェディングのプランニングしていって、最高の1日をみんなで作っていこう、というものを利用しました。クレイジーって最近テレビ出たりメディア出たりで結構盛り上がっているそうですよ☆

株式会社 CRAZY (株式会社クレイジー) | CRAZY,Inc.

コンセプトウェディングのプロデュースチーム | CRAZY WEDDING (クレイジーウェディング)

そんなクレイジーウェディングで迎えた、ぼくらの最高の1日の様子をちょっとだけご紹介。

余談ですけど Theta S + 自撮り棒 をもっていったので、ハットなのも相まってステッキ!?って驚かれました。集合写真とか、歩き回るときに動画とったりして面白い画になりましたとさ。おすすめ。

クレイジーウェディングでよかったこと

・これやるならウン万ですよみたいな営業がほぼされなかった
・現実的に出来ることは何でもできる(お金しだい)
・コンセプトをちゃんとすり合わせて決めるので本人たちの納得感、やった感が非常に強い
・家族メッセージしっかり伝えられた

自分たちがどういうことをしたいのかを考えたり、自分たちがどういう人生を歩んできたのかを話したり、そもそもなんで結婚式するんだっけを考えたり…。そうこうして、プロデューサーの方からワクワクするようなコンセプトが提案されました。
一部抜粋ではありますが、ぼくらの場合はこんなコンセプトです。


オモシロ屋
いつでもどこでも オモシロイこと 創ります 材料はこの世界にあるものすべて

新しいものを ゼロから創り出すことを 楽しんで生きてきた 僕と
誰よりユニークを愛し 好奇心を元に 手を抜かず生きてきた 私

ふたりでいたら最強です

こうしたい!という想像力と 遊びゴコロがあれば どんなものだって創り出せる
飽くなき探求心と 人を笑顔にしたい想い それがオモシロ屋の原動力


最初にこのコンセプトを見聞きしたときにちょっと感動しちゃって涙が出かかるほどに。で、このコンセプトを、結婚式当日直前の会場装飾と初対面ってときにも読まれて、会場ながめてこれまだ涙が。エモい言葉に弱いんですかね、ぼく。

コンセプトイメージがレトロなモダンな和風チックな感じで、それに合わせて会場の装飾だったり、席札だったり、ぼくらの衣装も見ていました。だから、その日、その会場はすべてが「オモシロ屋」です。っていうくらい作りこむ文字通りのクレイジーな集団で、こっちはめっちゃ驚くし感動するしでした。

クレイジーウェディングちょっと微妙だったところ

・プロデューサーさんめちゃんこいそがしそう

ほぼすべて良くて、はーーーーやってよかったなーーーー、みたいな空気感に包まれていたのですが、プロデューサーさんが掛け持ちしたりで、結果忙しそう(に見える)ので、連絡するのに気が引けてしまったり、とかとか。
話を聞くところによると、それで提供したいことや考えたいことがうまくできていなかったところもあったそうなので、体制ややり方を変えていっているそうですよ!これからやるひとはきっと大丈夫だと思います!

個人的な反省

・炎上プロジェクトだった(直前でもうれつにがんばらないといけなかった)
・人呼びたりなかった。。 Party !!にしたかったけど会場キャパとかコンテンツとか。。

二人で作っていくので、細かいスケジュールややること整理は自分たちで管理していかないといけないです。もちろんプロデューサーさんがお手伝いはしてくれますが、すでに書いてある"忙しそう"が相まって、煽りがされないこともしばしばありました。
一応 Trello を使ってやることと日程の管理はしていたのですが、直前 1-2 週間くらいは動画つくったりなんだりーってやっていました。
あ!ぼくらの場合は、ある程度自分たちでも作りたいっていう意思があったので、動画とか。プロにお任せするのがお手軽らくちんではあるのですが、自分たちでやったほうがやりたいようにできるんじゃないかなーと。

ちなみに動画作成は Vegas Pro 14 です。2,3 年くらいまえに 5000 円?だったかなあ、のセールをしてたところで買って、それからずっと使ってます。動画作成する仕事ではないのですが、ちょこちょこと動画つくってよ~~なんてお願いがあったりするので、そういうところで。

個人的にはめっちゃ人呼んでパーリナイにして高まる曲をもりもりと流したかったのですが、予算都合だったり、妻との調整の結果、ってところでですね。それでももう少し呼びたい人たちもいましたし、呼べなかったのマジゴメンの気持ち。会場キャパが 80 くらいだったんだよ~~~


というところで。

結婚式も披露宴も、こちらは非常に楽しくやっていましたし、ゲストの盛り上がりも良くて、後で話を聞いてもよかったねー、だったのも嬉しいポイントでした。自由度高くお金と頑張り次第でなんでもいけるのでクレイジーウェディングおすすめです!

あと干し芋を置いておきますね、お祝いの気持ちが湧いてきたらお願いします。
http://amzn.asia/j4BudTt