Posted Category プログラミング


強い転職意識があるとかそういうわけじゃないんだけど、スキルチェックがてら、どんな会社があるのかなあと思いぼちぼちとやりながら会社の様子を見ている。たまに見知った会社が出てきて、金額これくらいかーとか、うまく見せてるなーとか、勉強になることが多い。社会を知ろう。

 

paiza とは

ITプログラマー・エンジニア転職のpaiza https://paiza.jp/

いわゆる Top Coder 的な、アルゴリズムな問題が出されるので、好きな言語で解いたものを提出すると自動で採点がされる。それによって自分のランクが決まり、会社からのオファーを受ける、会社にオファーできる。自分の希望もかけるので、しっかりとした面接が良いとか、カジュアル面談とか、選べるっぽい。また業態や言語なども選べ、自分の希望に近い会社からのオファーが来やすそう。

逆に企業側としては、書いているコードが見れるので、その人がどれくらい慣れているのか、どんなコードを書くのか、といったところを見られる模様。

そういったエンジニア転職コンテンツを活用しつつ、よりユーザ確保を狙ってだと思うが、「コードガールこれくしょん」とか「もし次の常駐先が女子エンジニアばかりだったら」という美少女キャラ推しなコンテンツも増えてきている。ぼくはあまりそっち方面に興味は沸いておらずやってはいないのだが。

 

paiza でコードのどんなところが見られるのか

ぼくの場合、こういったところのコードって業務コードと異なるものを書いてしまう。自分が出せる最速の最善策で出していくので、業務としてはそのコードだめじゃね?とか、半ば強引にやっているような箇所があったりすることも多い。

といったときに、企業側の人はそんなコードを見てどんなことを知ろうとしているのかなーとか、単純に気になる。気になるが、転職意識も強くはないので、カジュアル面談に行くことも申し訳ないなあと思っている次第。

もしかしたらぼくの場合がそうであるだけで、ガチで paiza を使う人たちは圧倒的な業務コードを書いているのだろうか。どなたかこっそりおしえてください。

 

というわけで paiza 楽しいよ

いうても競技系のサービスであることに変わりはなく。

そこに合わせて、企業からのスカウトが来たり、点数が出たり、ランキングが出たり、実績というか、凄いんだぞ!!!感が見えるあたりがとても楽しい。それもそうだし、ランク別に問題レベルが分かれていて、自分のレベルにあったチャレンジをしていけるところもあって、チャレンジした問題のランクと回答時間を眺めて、スキルアップしていってるなあというのを実感するのが一番良いと思っている。なので、ぼくは C ランク全部!とかじゃなくて、まばらにポチポチやっています。

あ、オファーについては企業の人たちにはごめんなさいしないといけないですね。

ちなみにぼくはいま、B ランク問題は安定して正解取れていて、A ランク問題が1勝3負くらい。S ランク問題も1つやったところ不正解だったけど、なんだかちょっと頑張ったらいけそうな気がしていて、次にやる時間を取ることをしみにしているところです。なお PHP で。 ある程度いくとこまで行ったら別の言語でもトライしたいなーと思ってます。

 

 

paiza の宣伝記事みたくなってしまったけど、paiza の人ではないし、宣伝してくれ!ってわけでもないよ。